人と話すのが苦手… 人見知りでも会話が続く3つのコツ

人と話すことが苦手な人が、会話を続けるコツはあるのでしょうか?

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「人と話すのが苦手…」「沈黙になるのが怖い!」 あまり親しくない人との会話、どうすれば自然に会話を続けることができるのでしょうか?

fumumu取材班が、人見知りでも会話を続けるコツを聞いてきました。


①相手の話を言い換える

「無理に話そうと意気込むと、ますます緊張してしまうと思います。自分から話そうとがんばるより、相手の話を少し言い換えるだけで、いい感じに相槌が打てますよ。


『今日寒いですね~』と言われたら、『昨日は暖かかったのに、今日は寒くなりましたね~』って、少しだけ変えて返答するんです。


『そうですね』だけだと、そのまま会話が終わってしまうこともあるので。相手の言ったことを少し変えるだけで、会話が続くようになりますよ」(20代・女性)


関連記事:人見知りでも会話が続く? 話を盛り上げる簡単テクニック

②口角を上げて聞く

「緊張しやすい人って、相手の話を聞いているときに無意識に真顔になっていると思います。会話をしている相手の表情が暗いと、話す側も気まずいんですよ。


意識的にでも、口角を上げてみるのがおすすめですよ。雰囲気が柔らかくなって、相手も気負わずに話せると思います。


とっさに笑顔になれない人って、日常的に口角が下がっているんじゃないでしょうか。不機嫌に見えることで得をすることはあまりないと思うので、改善できるならしたほうがいい気がします」(20代・女性)


③声のボリュームを大きく

「人と話すといつも緊張して、声のボリュームが小さくなってしまうんです。言ったことを聞き返されると、申し訳ないやら情けないやらで、さらに気持ちが委縮してしまうんですよね。


自分が大きいかな? と思うくらいの声量が、意外と相手にとっては聞きやすいみたいです。自分の声が小さいと自覚がある人は、ボリュームを少し上げるだけでも、会話が長く続くかもしれないですよ」(20代・女性)

自分がこの場を盛り上げよう! と意気込みすぎると、緊張が相手にも伝わってしまうかもしれません。

相手の話を自然に聞くことに意識を向けたほうが、楽に過ごせるかもしれないですね。

・合わせて読みたい→「緊張して話せない…」 人見知りでも上手に会話する方法はある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事