「緊張して話せない…」 人見知りでも上手に会話する方法はある?

人見知りを克服する方法はあるのでしょうか?fumumu取材班が聞いてきました。

人見知り
(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「緊張して初対面の人と話せない…」「人見知りで会話が続かない…」そう悩んだことはないですか? 上手にコミュニケーションを取るには、どうすればいいのでしょうか。

今回は、自分のことを人見知りだと思っている方に、おすすめの対話術を聞いてきました。

①挨拶だけは必ずする

「会話が続かないからって、挨拶すらしないことに慣れてしまうと、本当に会話がなくなってしまうじゃないですか。職場の人には、なるべく挨拶は欠かさないようにしています。目が合ったか微妙なラインでも、とりあえずする!


スルーされたら、こっちに気がついていなかったんだなと思うようにしています。挨拶をすることで、顔を覚えてもらえたり、相手から会話を振ってくれたりもしますよ」(20代・女性)


関連記事:余計なことを聞いてこないからいい! 人見知りの人に好感を持った瞬間

②社交的な人と比べない

「自分が人見知りだと感じる瞬間って、社交的な人と比較してしまったときが多いんです。あの人は誰とでも仲よくできるのに、自分はだめだなぁって。


でも、上には上がいるんだから、誰かと比べて自分が一番社交的になるなんて、絶対に無理! って思ったんです。


自分に合った人とのコミュニケーションがあるんだから、誰かと比べて落ち込む必要もないんですよね。卑屈にならなければ、意外と自然に会話も続きます」(20代・女性)


③誰とでも仲よくなろうと思わない

「どうしても合わない人っているじゃないですか。そういう人と上手に会話ができなかったとき、今までは『人見知りじゃなければな…』と落ち込んでいたんです。


でも、会う人すべてと仲よくなるのはできないから。今は、上手く話せなかった人は、自分とは合わないタイプなのかもしれないなと割り切っています。


そうすることで、ちゃんと話さなきゃ! と意気込みすぎていたのもなくなって、逆に自分らしく話せるようになった気がします。誰にでも好かれたいけど、それは無理だと自覚することが大切なのかなと思いました」(20代・女性)

無理に「上手に話そう!」と意気込むと、余計に緊張してしまう方もいるようです。

肩の力を抜いて、「話せなかったらそれもしょうがない!」と割り切るのもいい方法なのかもしれないですね。

・合わせて読みたい→人と話すのが苦手… 人見知りでも会話が続く3つのコツ

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事