「二度と一緒に行かない!」 友達との旅行で険悪になった瞬間

旅行中に垣間見える友達の知らない一面に、ウンザリしてしまうこともあるようです。

訴える女性
(max-kegfire/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気が合う友達だと思っていたけど、旅行中の態度で幻滅…。そんな経験をしている方も少なくないようです。

fumumu取材班が、友達との旅行で険悪になった瞬間を聞いてきました。


①予約はすべて人任せ

「大学の友達と旅行に行ったとき、宿の予約も新幹線のチケット購入も、すべて私がやらされたんです。


なにかやってよと言っても、『予約したことないんだよねーどうすればいいの?』と結局こっちに聞いてきて…。教えるのも面倒なので、その他の計画もほぼ私がやりました。


その子とは初めての旅行だったので、そういうタイプだと分からなかったんですよね。ノリで遊ぶだけなら楽しいけど、計画が必要なイベントはもう一緒にやりたくないなと思ってしまいました」(20代・女性)


関連記事:足立梨花、トイレットペーパーの品薄に苦言 「学んだんじゃないの?」

②文句が多い

「4人グループで旅行をしたときに、ひとりの子の文句がすごくて、残りのメンバーはみんなイライラしてました。


ちょっと歩くと『疲れた、休憩したい』と甘えてくるし、旅館の食事にも『なんか予約サイトの写真と違うね~』と大きな声でぶつくさ。せっかくの楽しい旅行なのに、その子のせいで台無しでした。


いつもは短い時間しか一緒にいなかったので、長時間そばにいることで、見えていなかった性格がわかるんだなぁと思いましたよ」(20代・女性)


③計画が崩れると不機嫌

「しっかりと計画を立てるタイプの友達と旅行をしたとき、あまりにも細かくて疲れてしまったことはありました。せっかく遠出したんだから、興味があるお店にふらっと入るのも楽しいじゃないですか。


でも、友達は計画が崩れるのが嫌で、ノリでの行動を許してくれないんです。それだけなら我慢もできるんですけど、計画が崩れるとすごく不機嫌になるんですよ。


旅行なんだから、想定していなかったトラブルだって起きるのに…。しょうがないと流せばいいのに、いちいち機嫌が悪くなるので大変でした。二度と一緒に旅行したくないですね」(20代・女性)

せっかくの旅行、残念な思い出になるのは悲しいですが…。

いつか知る予定だった友達の一面を、早めに知ることができたのかもしれません。その後の関係性を見直すチャンスだと思って、気分を切り替えてみてくださいね。

・合わせて読みたい→ローソン限定のチョコミントアイス食べ比べ!  チョコミン党にはたまらない

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事