「会話が続かない…」 話ベタでも話を盛り上げる方法はある?

「会話がうまく続かない…」スムーズに会話を続ける方法を聞いてきました!

緊張する女性
(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「緊張して会話が続かない…」「いつも微妙な空気になっちゃう…」会話がなかなか続かずに、落ち込んでしまうこともありますよね。

話すことが苦手でも、会話をスムーズに続ける方法はあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。


①「すぐ緊張しちゃって…」と言う

「最初に『緊張しやすいんです』と言ってしまえば、相手から会話を繋げてくれるので楽ですよ。『私もそうなんですよ!』と言われたら、逆に緊張あるあるで盛り上がることもあるし(笑)


話すことが苦手なのにそれを認めずに、無理に会話を繋げようとしても難しいんですよね。うまく話せなかったあとに、『また無言になっちゃった…』って自己嫌悪になることもあるので。


最初から会話が苦手なことを相手に知ってもらえれば、ハードルも下がるかなと思います」(20代・女性)


関連記事:「緊張して話せない…」 人見知りでも上手に会話する方法はある?

②盛り上げようとしない

「無理に場を盛り上げようとしないことだと思います。盛り上げ役に向いている人が他にいるなら、その人に任せます。自分も盛り上げなきゃ! って意気込んでしまうと、肩に力が入って失敗することが多かったので…。


周りも、自分に盛り上げてほしいとは思っていないんですよね。自分で自分を追い込んでいただけなんだと思います。自然体でいいと割り切ってからは、場を盛り上げなきゃと思っていたときより緊張しにくくなったと思いますよ」(20代・女性)


③聞き上手を目指す

「話し上手も素敵ですけど、意外と聞き上手の方が喜ばれる気がします。みんな、自分の話を聞いてもらいたいんだと思いますよ。


沈黙が怖いと思って一方的に話していたときより、相手の話をしっかり聞いて適度に質問しているときの方が、会話もスムーズに流れていきます。人の話を聞くのもおもしろいので、自分が話せなくても特に苦ではないし。


むしろ、大人数が集まる場所で自分の話に注目されるのがものすごく苦手なんです。変に目立たないためにも、聞き上手になるのは自分のためでもあるんですよ」(20代・女性)

「この場のムードメーカになる!」と意気込むと、逆にガチガチに緊張してしまいそうです。

無理に話そうとせずに、リラックスして場に溶け込む方が、緊張しやすい人には向いているのかもしれないですね。

・合わせて読みたい→脱・コミュ障! 簡単に会話が途切れなくなる雑談テクニック

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!