香ばしいほうじ茶にティラミス&わらびもちを合わせた和洋折衷アイス登場

1日から井村屋の『ほうじ茶ティラミスわらびもち』がセブンイレブン限定で発売されています。

ほうじ茶ティラミスわらびもち

1日からセブンイレブン限定で、井村屋の『ほうじ茶ティラミスわらびもち』(224円・税込み)が発売されています。ほうじ茶×ティラミス×わらびもちの和洋折衷の組み合わせは一体どんな味がするのでしょうか。fumumu取材班が食べてみました。

 

■ほうじ茶×ティラミス×わらびもち

流行りのほうじ茶に和のわらびもちと洋のティラミスを組み合わせた和洋折衷アイスは、ありそうでない組み合わせですね。2018年に発売された『ティラミスわらびもち』や『抹茶ティラミスわらびもち』に続くシリーズ商品として発売されています。

『ほうじ茶ティラミスわらびもち』は5つの層からなっています。ほうじ茶マスカルポーネアイスの上に、ほうじ茶生チョコレート、わらびもち、ほうじ茶パウダー、さらに中にほうじ茶ソースがあります。5層あることで食感や味の変化を楽しめるように仕上げているそうです。

ほうじ茶マスカルポーネアイスには、北海道産のマスカルポーネが配合されています。

5つトッピングされているわらびもちには本わらび粉を使用し、もちもちとした食感を表現しています。ほうじ茶ソースは焙煎がしっかりされた濃いほうじ茶を使用することで、香ばしく深みのある味わいに仕上げているそうです。

 

■濃いほうじ茶ソースが中からとろーり

やわもちシリーズは、冷凍庫から出して少し時間を置いてから食べるのがおすすめです。アイスにスプーンがすっと入る程度が食べ頃です。

ほうじ茶ティラミスわらびもち

フタを開けてみると、ほうじ茶パウダーが全面にまぶされていて、ほうじ茶の香りがふわっと広がります。

ひと口食べてみます。ほうじ茶マスカルポーネアイスは、マスカルポーネの濃厚さとまろやかさにほうじ茶の香ばしさがプラスされ、重すぎすさっぱりした後味が印象です。

柔らかくなったほうじ茶生チョコレートは濃厚で、ほうじ茶パウダーと一緒にアイス混ざることで食感がプラスされ、ほうじ茶を口いっぱいに感じることができます。

時間を置くことで、わらびもちはさらに柔らかくもちもちになり、アイスともよく合います。

ほうじ茶ティラミスわらびもち

食べ進めてみるとアイスの真ん中からほうじ茶ソースが出てきました。ほうじ茶の味が濃く、少し苦みがあり、アイス全体の味が引き締まりますね。

5層を全部口の中に入れると、ほうじ茶の濃さの変化や、食感の変化を味わうことができて、とってもおいしいです。

ほうじ茶スイーツが増えている中でも、ほうじ茶とティラミスとわらびもちの組み合わせは珍しいですね。ほうじ茶尽くしの『ほうじ茶ティラミスわらびもち』はぜひこの冬に食べたいアイスとしておすすめです!

・合わせて読みたい→『雪見だいふく ほうじ茶』伊藤園とコラボ! ホッとする香りと甘さ

(文/fumumu編集部・Nami

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!