仕事がデキる女子はココが違う! 男性がキュンとした職場での気遣い3選

ちょっとの気遣いで愛され女子に!

(beer5020/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

会社勤めをしていると、自分は頑張っているつもりでも、なかなか評価されない…とモヤモヤしてしまうことはありますよね。

一方で、知識が乏しかったり経験が浅かったりしたとしても、周囲に助けてもらいながら順調に昇進していく人もいます。

fumumu取材班が働く男性に聞いてみると、思わずキュンとしてしまうような気遣いができる女子は、つい応援したくなるそうです。詳しい話を聞いてみました。


①お願いする前に手伝ってくれる

「会議前、バタバタと準備をしていた時に、『このレジュメは何部コピーすればいいですか?』と、さりげなく声を掛けてくれた女子社員。忙しいと誰かにお願いすることまで手間になり、つい自分ひとりで抱え込んで余計にテンパってしまうので…本当に助かりました。


もし『何かお手伝いしましょうか?』と聞かれていたら、その何かを考えなくてはいけなくなり、余計に追い詰められていたと思います」(20代・男性)


関連記事:俄然ヤル気に! 女子からもらって嬉しかった「残業中の差し入れ」3選

②さりげなく差し入れをくれる

「休出&残業続きでヘトヘトになりながらも仕事をしていたある晩、『このサムゲタン、滋養強壮にいいみたいですよ』と、さりげなく夜食を差し入れしてくれた同僚の女子。


僕の身体のことまで気にかけてくれた彼女の優しさに、心底感動しました」(20代・男性)


③仕事の愚痴を嫌がらずに聞いてくれる

「仕事で愚痴を言うなんて、格好悪いって自分でも分かっています。でも、上手くいかなかったら自分のせい、上手くいったら上司のおかげって…愚痴りたくなる日もあるじゃないですか。


そんな時、『先輩が美味しいって言ってた焼き鳥、今夜食べに連れていってくれませんか?』と、声を掛けてきた後輩。僕の心の内を知ってか知らずか、ずっと愚痴を聞いてくれました。


自分から愚痴りたいと思って飲みに誘うことなんてできないので、彼女の優しさがとても嬉しかったです」(20代・男性)


職場の同僚とは、仕事だけの割り切った付き合いをしている人は多いでしょう。

しかし、お互いに助け合うことで、仕事も人生ももっと上手くいくようになるかもしれませんね。

・合わせて読みたい→気になる上司にもっと自分を知ってほしい! 効果的な行動3つ

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!