元恋人が連絡をしてくる心理って? 脈アリの言動も知っておきたい

元恋人に連絡をとりたいとき、大事な「内容」と「タイミング」も教えます。

久しぶりに元恋人から連絡があった、なんていう経験はありませんか? 「急にどうしたんだろう」と思う人もいれば、連絡があって「めちゃくちゃ嬉しい」という人も。

今回は、そんな「元恋人」に関する恋愛事情をまとめてみました。


■元恋人が連絡をしてくる5つの心理

まずは、意外とシンプルな「元恋人が連絡をしてくる心理」をまとめてみました。

①近況を知りたい

「何をしているのか」「元気にしているのか」と、別れてからのあなたの様子が気になるから、連絡をしているんです。


②変わった自分を見せたい

別れてから自分がこんなにかわいくなった! こんな役職に就いた! ということをアピールしたい場合も、元恋人に連絡をとります。この場合は自慢したいだけで、復縁したいとは限りません。


③さみしい

恋人がいなくなってさみしいときに元恋人に連絡してしまうのは、”あるある”です。特に男性の場合、元カノは自分にいつまでも未練があると考える傾向に。


④カラダ目的

一度はカラダを許した相手。だからこそ新規の相手を見つけるより、手っ取り早くそういう行為もできると考えている人も。


⑤復縁したい気持ちがある

別れてからもずっと好きで復縁したい場合も、連絡をしてきます。


基本は、この5つの心理が働いていることが分かりました。


関連記事:別れてから数ヶ月… 突然連絡をしてくる元カレの心理3パターン

■元恋人に連絡するときの3つの注意事項

自分が元恋人に連絡をしたいとき、気を付けなければいけないことを書き出してみました。

①期待しない

会えるのを楽しみにするのはいいですが、「会ったら復縁できる」と考えて、過度の期待をするのはNG。


②相手の恋愛事情を詮索しない

いつまでも恋人気分で、「今の恋人ってどんな人なの?」なんて聞くのはNG。あくまでも自分は”元”恋人ということを肝に銘じて。


③ネガティブにならない

「ちょっと会って話したいことがある…」なんて、暗い話を想像させるような連絡の仕方はNG。久しぶりの連絡が明るく楽しそうな感じだったら、「会ってみたいなぁ」思わせることができます。


これらを守れば、連絡された元恋人側も悪い気持ちはしないと思います。


関連記事:恋人に「冷める瞬間」と「惚れ直す瞬間」 恋しつづけるためにまとめてみた

■元恋人と連絡を取るタイミング

では、どんなときに連絡すれば、自分にとっても相手にとってもベストタイミングなのか、書き出してみました。

①年末

元恋人と連絡がとれて良い感じになってもGOODだし、ダメでも「来年からもう忘れよう」となるのでベスト。


②元恋人の誕生日

急に連絡をしたら「どうしたの?」と思われがちだけど、誕生日だと「おめでとう」をきっかけに、連絡を取ることができます。しかも、相手は自分の誕生日を覚えていてくれたんだぁとなるので、好印象。


③イベントごと

クリスマスに「メリークリスマス」とメッセージを送るのと同時に、「元気してるかな?」なんて入れると、違和感なく送ることができます。


④思い出の場所に行ったとき

付き合っていたときに行った懐かしい場所を通りかかったときなどは、自然に相手に連絡を取ることができます。

続きを読む ■この言動があれば「脈アリ」!?

信州産蕎麦粉 極み新そば 半生 つゆ付き4人前 季節限定【Amazonでチェック】