『スッキリ』スペインの解説者から届いた 「加藤浩次へのメッセージ」が反響呼ぶ

加藤浩次さんとのやり取りが話題になった、スペインのサッカー解説者。日本代表の歴史的勝利を祝うコメントにグッとくる。

加藤浩次

2日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次さんが出演。

2022FIFAワールドカップのスペイン戦の結果を受け、出演予定だったスペインのサッカー解説者と一時連絡が取れなくなり…その後、加藤さん宛てに届いたメッセージが反響を呼んでいます。


■加藤「俺やっぱり日本好きだわ!」

番組の冒頭、加藤さんは「俺やっぱり日本好きだわ!」「綺麗な素晴らしい勝ちとは言えませんよ、泥臭くて、全員で頑張って全選手が頑張って勝った」「この日本代表俺好きだわ! かっこいい!」と大興奮。

「視聴者の皆さんにこの言葉を捧げたいと思います、かの皇帝・ベッケンバウアーの言葉でございます」と切り出し、「サッカーは強いチームが勝つんじゃない、勝ったチームが強いんだ」と紹介しました。


関連記事:サッカーに興味がない古市憲寿、身につけたカタール土産にツッコまれ照れ笑い

■スペイン解説者とのやりとりが話題に

興奮冷めやらぬなか、加藤さんは「俺言いましたよね、この番組中に『専門家の言うことなんかあてにならないんだよ』って。スペインの記者に『何いってんだバカヤロー』って言いましたよね、ドイツの記者にも言いましたよね? …やってくれました!」とまさしくスッキリした様子。

11月30日の放送で、スペインのサッカー専門チャンネルの解説者・トーレスさんが「3-1でスペインが勝利する」「日本の弱みはディフェンスの部分。センターバックはまだトップレベルではない」などと冷静に分析するも、あまりにシビアな内容に、解説者の北沢豪さんも「日本国民を敵に回しましたね」と苦笑した一幕が。

加藤さんも納得がいかない様子をみせていました。


■出演予定だったスペインの解説者が…

2日の放送でも、トーレスさんがリモートで出演予定だったものの、同局の岩田絵里奈アナウンサーが「スペイン戦を受けて、解説者なのでお忙しいということで…」と、突然連絡が取れなくなったと説明。

このまさかの事態に「え、繋がるって俺聞いてましたよ?」と加藤さんも動揺を隠せず。

「トーレスにしてみても、向こうで色々『なんで負けたんだ』とか、『決勝トーナメントには行けたけど、今後スペインどうすんだ』みたいな話しをいっぱいやってるんだと思う、日本以上に」と、スペイン側の状況を慮りました。


■放送時間ギリギリにメッセージ届く

ところが、番組の放送終了時刻が迫るなかで、トーレスさんから番組にメッセージが。

「Mr.Kato 出演できず本当にすみません。私たちが予想していたよりも番組が長引いてしまいました。あなたが連絡をくれたとき、私はTV出演中でした。歴史的勝利、Mr.Katoと日本の皆さんにおめでとうと言いたい。Mr.Katoは正しかった。日本のディフェンス陣はとても良い試合をしていたし、日本のこれまでで最高のゲームでした」。

このトーレスさんからの賛辞に、視聴者からも「トーレスさんありがとう!」「嬉しい」という声が相次いでいます。

・合わせて読みたい→おぎやはぎ矢作、入院中の加藤浩次からのLINEを明かす「ダメだな」

(文/fumumu編集部・衣笠 あい

花王・ふろ水ワンダー 翌日も風呂水キレイ 20錠 ×5個セット【Amazonでチェック】

おすすめ記事