「劣等感」をどう手放す? 自分をちょっと好きになる3つのヒント

「自分なんて…」を卒業したい! 自己肯定感を育むヒントを聞いてきました。

自由 女性
(K-Angle/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「自分なんて…」と自分を卑下するのは、なかなか苦しいものです。自信を持って日々を過ごすために、なにかできることはないのでしょうか?

fumumu取材班が、劣等感を手放すヒントを聞いてきました。


①事実だけを受け止める

「なにかと自分を責める人は、事実と想像を混ぜているような気がします。誰にも言われていないのに『あの人と比べて、私のほうが劣っていると周りに思われている』と決めつけたり。


悪い方向に想像すると、いくらでも自分を追い込めちゃうから。それは事実? 想像? と自分に問いかけて、ただの想像であれば『事実じゃないことを考えても仕方ない!』と、負のループをスパッと断ち切ることが大切だと思います」(20代・女性)


関連記事:ウジウジした自分とはサヨナラ! 自信を持つためにやめたこと

②体のケアをする

「気持ちの問題だと思っていたら、実は体のケアが必要だった…という場合もあると思います。体のどこかが痛いとか、疲れているとか、栄養不足とか。


なにかしらの不調を抱えているときって、それにつられて気持ちも落ち込むじゃないですか。いつもは気にならない他人の言葉に必要以上に落ち込んだり、自分に自信がなくなってしまったりとか。


健康が自信につながることもあるので、なにをしていいのかわからないなら、睡眠や運動や栄養など、体が求めているものを考えてみたらいいかもですね」(30代・女性)


③SNSの時間を決める

「私の場合は、SNSを見る時間が長すぎると、自分に自信がなくなることが多いです。意識していなくても、どこかで他人と比べているんでしょうね。


『この子は私よりかわいい』とか、『お金持ちで羨ましい』とか、比べても仕方ないことをグルグル考えてしまうときも。SNSを見続けていると精神的にやられるので、なるべく時間を決めてチェックするようにしています。


朝の通勤時間だけとか、人を待っている間だけとか。のめり込むようにSNSを見続けているなら、ちょっと距離を取ったほうが安心なんじゃないでしょうか」(20代・女性)


「人と比べない!」と決めても、咄嗟に比較してしまうこともありますよね。

SNSの大量な情報と距離を取ることで、比較材料が減り、気持ちが安定する場合もありそうですよ。

・合わせて読みたい→承認欲求に支配されないで SNSの「イイネ!」に囚われないヒント

(文/fumumu編集部・nana

エピス EPIS クレンジングジェル オーガニック 500ml 【Amazonでチェック!】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事