「時間」は作るもの? 忙しい毎日にゆとりを生み出す3つのコツ

忙しい毎日に、息抜きするゆとりを! かしこい時間の使い方をご紹介します。

ゆとり 女性
(west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

やるべきことに追われて、いつも「時間が全然足りない!」とバタバタしていませんか? 限りある時間を有効に使うためには、なにを意識すればいいのでしょうか。

忙しい毎日にゆとりを生み出すアイデアを、fumumu取材班が聞いてきました。


①動きをストップ!

「そこまで忙しくないのに、慌ただしくバタバタと動いているせいで、忙しい雰囲気を作り出している可能性もあると思いますよ。早口で話したり、慌てて手足を動かすことで、さらに余裕がなくなってしまう場合もありますから。


落ち着いて状況を確認したら、『そこまで焦る必要もなかったな』と気づけるかも。私の場合は、焦ると動きが乱暴になってしまうので、一回動きをストップするようにしています。


立ち止まったり、椅子に座ったりして、とにかく気持ちをクールダウン! 休憩を挟むことで、頭がスッキリして冷静に周りが見られるようになるんですよね」(20代・女性)


関連記事:焦って生活していませんか? がんばりすぎの自分をスローダウンする方法

②アナログの目覚ましを…

「自覚なく、スマホに1日の時間の大半を取られている人も多いと思います。iPhoneはスクリーンタイムでアプリの使用時間を確認できるので、たまにチェックするんですけど…。


そこまで触っているつもりはないのに、SNSに数時間も使っていたりしてびっくりします。私はベッドの中でスマホを触ることが多かったので、置き型の目覚まし時計を買って、スマホはリビングに置いたままにするようにしました。


就寝前と起床後にスマホをダラダラ触らないだけで、1日がすごく長くなったように感じますよ」(20代・女性)


③ときには「明日やる」

「その日にやらなくていいことを、とにかく今日終わらせなきゃ! と無理に詰め込んでいる人もいるんじゃないでしょうか。タスクを早めに終わらせるのはいいことだけど、真面目な性格だと、やるべきことを探し続けていつまでも気が休まらないように思います。


今日中に終わらせないといけないこと以外は、明日以降に回してもそこまで困らないですよ。やりたいことがある中で休む能力も、大人にとっては必要なんだと思います」(30代・女性)


その他には「今日やることだけを手帳に書き出す」「アラームでタイムリミットを作る」「しっかり休憩を取って頭をリセットさせる」などの意見がありました。

時間を伸ばすことはできないですが、自分に合った工夫を取り入れて、少しでも心に余裕を作っていきましょう!

・合わせて読みたい→「もうこんな時間?」が口癖の人へ 自分の時間を確保する方法3つ

(文/fumumu編集部・nana

AGF ちょっと贅沢な珈琲店 ブラックインボックス 産地アソート 50本 【Amazonでチェック!】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事