結婚するつもりだったけど…同棲がキッカケで別れた女性の体験談

一緒に暮らしてみて、初めて気が付くことも多いようです。

攻められる女性
(Hakase_/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

そのまま結婚するつもりで、同棲を始めるカップルもいるでしょう。しかし、いざ一緒に暮らしてみると、思わぬところで問題点が露呈することも…。

中には、我慢しきれずに別れてしまうケースもあるようです。fumumu取材班は、同棲の経験がある女性たちに話を聞いてみました。

 

①生活習慣の違いがストレスになって…

「『脱いだ服はそのままソファーにかけたまま』とか、『朝使った食器は夜にまとめて洗う』など。一つ一つは些細なことなんですが、毎日のこととなると、生活習慣の微妙な違いがストレスになってしまって…。

 

最初のうちは、『自分が片付ければいいや』と思っていましたが…そのうちに、いつまで変わらない彼に嫌気がさしてしまって。『このまま一生、私は彼の面倒を見るのかな…』と、考えたら結婚するのも嫌になり、別れてしまいました」(20代・女性)

 

②彼氏が家賃の支払いをしていなくて…

「同棲とはいえ、賃貸契約を結べるのは1人なので、彼が契約人になり、私は連帯保証人になりました。ところがある日、家賃保証会社から連絡があり、彼が家賃を滞納していたことが発覚。

 

私は、立替払いの手数料も含めて、多額の支払いを請求されました。彼の両親にも協力してもらい、請求額の約半分は何とか支払ってもらいましたが…同棲は解消。彼とは、きっぱり別れました」(20代・女性)

 

③プライベートを確保できないことが負担に…

「別々に住んでいた頃は『一分一秒でも一緒にいたい』と、別れを惜しんでいたのですが…いざ同棲を始めると、ずっと一緒にいることが息苦しくなってしまいました。

 

同棲をするまで、こんな風になるとは想像もしていなかったので…結婚する前に分かってよかったです」(20代・女性)

 

一旦入籍してしまったら、そう簡単に別れることはできません。

また、仮に相手側に問題があって離婚したとしても、「バツイチ」にはネガティブなイメージがつきものです。

親などから反対されることもあるかもしれませんが、結婚を考えている女性こそ、同棲をしてみた方がいいのかもしれません。

・合わせて読みたい→結婚したらずっといびられるの? 彼氏の姉から言われた嫌味

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!