その時の気持ちだけで応じて…同棲するのを早まったと思った瞬間

同棲を早まって後悔した女子たちの経験談を聞いてみました。

カップル
(cofotoisme/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きな人と一緒に生活なんてワクワクですよね。ですが「もっと一緒にいたい」という気持ちだけでOKしてしまうと、後々後悔してしまうこともあります。

そこで、fumumu取材班は、同棲するのを早まったと思った瞬間を聞いてみました。


①束縛からの同棲は危険

束縛タイプの男性には注意しておかないといけません…

「彼氏は極度の寂しがりやさん。彼がしきりに同棲を求めるので、好きな人のためと思い一緒に住みました。


でも、実際に同性がはじまると、私の帰りが少し遅いだけで激おこ状態。浮気なんて一切なく、残業になっただけなのに『そこまで怒る?』と疑問に思い、最近は同棲を解消しようかと考えるようになってしまいました」(20代・女性)


関連記事:同棲からゴールインまでスムーズに進ませるための7つのポイント

②朝帰り連発

なんとなくのノリで同棲をはじめた彼と私でしたが、彼はまだまだ大人になりきれていなかったようで…。

「勢いで同棲を始めたはいいものの、彼のルーズさがどんどんエスカレートしていき、耐えられなくなりました。


結局まだ遊び足りなかったんだと今なら思えますが、度重なる朝帰りに、心配や不安の気持ちが生まれて、私の心が持たなくなってしまいました。もっとちゃんと彼のことを見極めて同棲すればよかったと思います」(20代・女性)


③嫌な面が見えて…

彼と合わない部分が多々出てきてイライラ…。大喧嘩もするようになって、結果別れてしまったそうです。

「付き合って3ヶ月で同棲しましたが、彼は家事をせずダラダラしたり、料理にケチをつけてきたり…嫌な部分がたくさん見えました。また、お金にルーズなので、家賃等は折半だったのに、未払いも増えました。


同棲は、お互いの嫌な部分が許せるかどうか確認した上ですべきだと思いますし、事前に話し合いをしてルールを決めておくべきだと思います。早まるべきではありません」(30代・女性)


楽しい気持ちだけでなく、しっかりと生活面も考慮した上で同棲をするか決めたいですね。

・合わせて読みたい→さすがに無理かもしれない…同棲で知った彼女のドン引きな一面

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事