ナイツ塙、『紅白歌合戦』演歌歌手への扱いに苦言 「あれはないだろ」

清水ミチコさんは、紅白歌合戦に出演する演歌歌手への扱いについて「厳しくなってる」と嘆きました。

ナイツ塙宣之

6日放送のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)に出演した、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之さんが紅白のある演出に「あれはないだろ」と苦言を呈し、ネット上でも様々な意見が寄せられています。


■清水ミチコ「演歌の人に対して厳しくなってる」

番組で「紅白歌合戦もさ、演歌の人に対して厳しくなってるっていうかさ」と切り出したのは、ものまねタレント・清水ミチコさん。

「『あなたは、山口百恵の歌を寒い中歌ってください』って」と、京都の清水寺で、山口百恵さんの『いい日旅立ち』を熱唱した水森かおりさんについて触れ、「『あなたは、けん玉しながら歌ってください』って」と、「浮世傘~第5回 けん玉世界記録への道~」と、けん玉で“ギネス記録”に挑戦しながら歌を披露した三山ひろしさんについても言及。

ちなみに、三山さんは紅白のためにけん玉をしているのではなく、数年前に「ファンのみなさんと楽しめるコーナーを考えた」のがキッカケ。その後、けん玉にハマり、検定を受けるほどになり準初段を獲得したようです。

また、5度目のギネス記録挑戦となった今回は、126人で新記録を達成しています。


関連記事:ナイツ塙、五輪の“テロップ”にイラつき 「余計な情報を」「すごくイヤだ」

■ラップを披露した石川さゆり

続けて、清水さんは「『あなたはラップとやってから、歌ってください』って」と話したのは、ラッパーのKREVAさん、ギタリストのMIYAVIさんと『火事と喧嘩は江戸の華』を披露した、石川さゆりさん。

自らもラップのリズムを刻んだ直後に、表情が一変し『津軽海峡・冬景色』を熱唱。圧巻の演出に、司会を務めた司会の大泉洋さんは「ブラボー! ブラボー!」と叫び、ネット上でも「かっこいい!」「着物でラップ、痺れた!」などの反響が寄せられていました。

続きを読む ■塙「あれ、渡り廊下ですからね」

【国内メーカー】 La Luna ラルーナ 目元エステ「アイウォーマー」男女兼用【Amazonでチェック】

おすすめ記事