決断を先送りにしてしまう… 迷わず選択するにはどうすればいい?

自分で物事を決めることができずに、人の意見に振り回される…。そんな優柔不断な自分を、どうしたら変えることができるのでしょうか?

悩む女性
(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

決断を迫られるたびに、「どうしよう…」「どれにすればいいんだろう…」 となかなか決められない。優柔不断な自分を変えるには、なにを意識すればいいのでしょうか?

迷ったときに思い出したいポイントを、fumumu取材班が聞いてきました。


①意見は参考程度

「人にアドバイスをもらっても、あくまで参考程度に留めておいたほうがいいと思います。自分より人生経験が豊富な人でも、正解を知っているわけではありませんから。


相手のアドバイスに従うだけだと、納得できない結果になったときに『あの人に意見なんて聞かなきゃよかった!』と相手を責めてしまうかもしれないし。アドバイス通りに行動しても、最後まで相手が責任を持ってくれるわけでもないですよね。


結果は自分で受け止めなくてはいけないから、自分の直感や経験を信じて決めたほうが後悔が少ないと思います」(20代・女性)


関連記事:決断力を養いたい! 優柔不断な自分から卒業するにはどうしたらいい?

②成功も失敗も…

「失敗が怖いと感じるから、なかなか決断できないんでしょうけど…。成功も失敗も、結局は自分が決めるものだと思うんですよ。周りから見たら失敗でも、本人は成功だと思っている場合もありますよね。


私も前の職場を辞めるときに、周りから『辞めて後悔しない?』『もっと真剣に考えたら』といろいろ言われました。でも、結果がどうであれ、諦めなければなんとかなる! と決断したんです。


辞めて苦労したこともあったけど、得るものもたくさんあったし、私はこの選択をしてよかったと思っています。失敗したと決めるのは他人ではなく、自分だと思えば、決断するときの怖さも和らぐんじゃないでしょうか」(20代・女性)

続きを読む ③理由を探さない

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

おすすめ記事