TOKIO・国分太一、「色々あったから…」 お察し発言に後輩も「学びます」

14日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』で、国分さんが重みのある発言をし、話題になっています。

国分太一

14日に放送された『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の企画内で、TOKIOの国分太一さんがグループに対して思いを吐露。重みのある発言が話題になっています。


■ご当地競技をPR

新型コロナウイルスの影響で、ご当地イベントも中止になっている昨今。番組では、「DASH ご当地PR課 ~GoSeiトラベルでご当地競技に挑む!~」と題し、都内スタジオとPR地域を合成してご当地競技を紹介。

オンラインで競技を体験するのは、国分さん・草間リチャード敬太さん(Aぇ! group)・森本慎太郎さん(SixTONES)の3人。スタジオ自体はグリーンの布一色ですが、国分さんはまるでその地にいるように振る舞います。


関連記事:TOKIO国分太一も「サイコー!」 函館の”イカ”最中が驚きのこわだり構成

■14年前は敗北

PRされたのは、北海道にある鶴居村で毎年2月に開催される「タンチョウフェスティバル」。番組では、そのなかで実施される「タンチョウ耐寒競技」に挑戦します。

同競技は、挑戦者2人がタンチョウのコスチュームを着て、氷水が入ったタライに片足で立ち、その時間を競うというもの。

実はこの競技、国分さんは14年前にも番組で体験しており、その際は敗北。今回の対戦者も当時と同じ地元のチャンピオンが登場しました。

続きを読む ■「TOKIOほんと色々あったから…」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事