「ねりゴム」アート作品に驚きの声 なぜか土器や埴輪を作る公式も…

ツイッターで、続々ねりゴムアートが投稿されています!

■なぜか古代人の心に

そんなアイラップがボツにしたという作品が、「火焔型土器(かえんがたどき)」。縄文時代に作られた、燃え上がる炎を表現したかなり細かい文様が入ったものです。

「昔の土器を作ってた人の気持ちが知りたくなり制作…」と作ってみたものの、作品的によくわからなくなったため、ボツにしたのだとか。しかし写真を見ると、こちらもかなりのクオリティ! 「なぜこれがボツなのかが、わかりません…」との声も上がりました。

また、システム環境の整備などを行うOAランド公式は、「九州文化さん的なハニワを作ろうとして…ハロウイン埴輪になった」と投稿。ハニワが三角帽をかぶったかわいい仕上がりの作品がツイートされています。

火焔型土器に埴輪に…ねりゴムアートを考えると、古代グッズを作りたくなる傾向があるのかもしれませんね。

★アイラップのツイートはこちら


関連記事:シャープ公式、自社広告のミスに怒りのツイート 「可及的速やかに直して」

■自社への愛を表現

また、自社商品への愛をおしみなく出したのが、烏骨鶏スイーツなどを販売する、烏骨鶏本舗の公式アカウント。

公式サイトでは、一膳の白米にたまごが乗せられた、シンプルで美味しそうな卵ご飯が掲載されているのですが、それを表現したのでしょうか…「ウコムラ 本気 だす」と、お茶碗に入ったお米と卵、さらにはお箸などの小物まで作成! 自社の社名とキャッチフレーズも入れ、立派な宣伝画像に仕上げたようです。

ツイッターでは、まだまだ多くの”ねりゴムアート”が投稿されており、その発想に関心したり笑ったり…ぜひチェックしてみてくださいね!

★烏骨鶏本舗のツイートはこちら

・合わせて読みたい→シャープ公式、自社画像にツッコミ 「98円でキャベツが買えるかっ!」

(文/fumumu編集部・五代桜子

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事