「ねりゴム」アート作品に驚きの声 なぜか土器や埴輪を作る公式も…

ツイッターで、続々ねりゴムアートが投稿されています!

ねりゴム
(画像は文房堂【公式】ツイッターより)

たびたびブームの起こる「ねり消しゴム」。粘土のように柔らかいもので、ついつい伸ばして遊んだ思い出のある人も多いのではないでしょうか。

ツイッターでは、そんなねり消しゴムのアート作品が話題になっているようです。


■ねりゴムでアート

神保町の老舗文具店・文房堂では、自社販売のねりゴムが主役の『NERIGOMU ART TOKYO 2020』を26日から開催予定!

“あなたもだんだん『ねりゴム』をねりたくな~る…”というコンセプトのもと、ねりゴムでアートしちゃうもののようです。

メイン展示には、文房堂スタッフや、企業公式ツイッター中の人の「NERIGOMU PHOTO」を予定。そのため、中の人が続々作品を投稿しています。

★文房堂のツイートはこちら


関連記事:シャープ、自社製品の斬新な使用方法に驚き 「すごい」「はじめて見た」

■餅つきを表現!

ロングセラー商品・袋状のラップを展開するアイラップ公式では、餅つきをするうさぎを表現! うさぎはもちろん、杵や臼もしっかり再現しています。しかも、お餅が伸びているという細かいこだわりも。

ところが、ご本人的にはいまいちだったのか、参加表明の投稿では「実は参加してるんだぁ…」とワクワク感が伝わってきましたが、完成後には「激ムズ…!」と苦悩を吐露。とはいえ、コメントでは「クオリティ高過ぎて震える…」「上手くない?」という声も寄せられたようです。

★アイラップのツイートはこちら

続きを読む ■なぜか古代人の心に

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事