「褒めてほしい」がとまらない! 承認欲求と上手に付き合う3つの方法

膨れ上がっていく承認欲求の扱い方を、fumumu取材班が聞いてきました。

お願いする女性
(Khosrork/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「周りにたくさん褒められたい!」「自分のことを認めてほしい!」 そんな気持ちがとまらずに、評価がほしい欲望がどんどん膨れていませんか?

周りからの褒め言葉を求めることは悪ではありませんが、度が過ぎると、自分自身が苦しくなってしまいます。

承認欲求と上手に付き合う方法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①付き合いを広げる

「認めてほしい気持ちは、生きていたら誰にでもあると思います。たまには褒めてほしいし、えらいと言ってもらいたいですもん。


自分がいる場所でなかなか認めてもらえないなら、付き合いを広げてみてもいいんじゃないでしょうか。他の人からしたらすごいことでも、ずっと近くにいる人からしたら、褒めるほどのものではないと軽く見られている場合もあると思います。


別のコミュニティの人と関わることで、自分を認めてもらえることもきっとあるから。ひとつのコミュニティにこだわる必要は、どこにもないと思います」(20代・女性)


関連記事:「余計な一言」をどうやめる? 周りを怒らせてしまう自分から抜け出す方法

②居心地が悪いなら…

「承認欲求がとまらない理由を、探ってみてもいいと思います。私は、ある特定のグループにいたときに、周りから認められたくて仕方ない気持ちになりました。今考えると、周りと張り合っていたんですよね。


それぞれがライバル視していて、素直に相手を褒められない空気があったんです。そのグループと関わりのない人と遊んだとき、自分の中の褒められたい欲求が、自然と少なくなったのを感じたんです。


無理に相手と張り合って、自分のほうが上だと認めさせなくてもいいかなって。自分の欲求が強まるところに属していないか、確認してみてもいいと思います。相手の賞賛を気にせずに、居心地よく過ごせる場所はどこかにあると思いますよ」(20代・女性)

続きを読む ③自分と向き合う
  • 1
  • 2

おすすめ記事