「等身大で過ごす」ってどうやるの? 上手に肩の力を抜ける人に話を聞いた

肩の力を抜いて等身大で過ごすコツを、fumumu取材班が聞いてきました。

リラックスする女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

無理に背伸びをしたり、周りに合わせることなく、自分らしく過ごす。そんな生活ができたら、イライラやモヤモヤに押しつぶされそうになることも、少なくなるかもしれません。

上手に肩の力を抜ける人に、意識していることを聞いてきました。


①NOはサラッと

「気分が乗らない誘いやお願い事は、深く考えずにサラッと断ることが多いです。考えてしまうと、相手の勢いに押されて、不本意にOKしてしまうこともあったんです。


あとから『OKしなきゃよかった…』とモヤモヤするのが、すごく嫌だったんですよね。直感的に嫌だと思うことは、よく考えてもやっぱり嫌だなと思うし。


『その日ダメ~』『今は忙しいからごめんね~』とあまり重くない雰囲気で伝えることで、相手も意外と簡単に納得してくれます。自分の気持ちを優先させると、ストレスもあまり溜まらないですよ」(20代・女性)


関連記事:感情表現が豊かな人になりたい! 喜怒哀楽を素直に出すためのコツ

②予定にゆとりを

「自分に素直に過ごしたいので、なるべく予定を詰め込まないようにしています。いくら感情面でゆとりを作ろうとしても、日常が忙しいと、どうしても気持ちが荒れてしまいますから。


等身大で過ごしたいと思っていても、作業に追われているときは、自分の気持ちに目を向ける暇なんてないですもん。自分にとってどんな過ごし方がいいのか、考える余裕がなくなってしまうんですよね。


余裕を持って過ごしているように見える人は、自分の時間を確保することが上手なんじゃないでしょうか」(20代・女性)

次ページ ③素直な気持ちで

おすすめ記事