特別な絆がある人にだけ惹かれる… デミセクシャルの恋愛観

デミセクシャルの恋愛観とは?

ハート
(ThitareeSarmkasat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

セクシャルマイノリティの一つに、デミセクシャルというものがあります。絆など特別な情がある相手に対してのみ性的な惹かれや恋愛感情があるマイノリティで、一目惚れをすることはありません。

fumumu取材班は、彼らの恋愛観を聞いてみました。


①薄っぺらい恋に興味はない

「とりあえず恋人が欲しいっていうことはないですね。お互い強く惹かれあっているから恋人関係になると思っているので。そういう相手がいないなら恋愛する必要はないと思っています。


なので、相手にとって重く感じてしまうことがあるかもしれませんが、お付き合いするなら『浮気は絶対にしない』『相手を傷つけないような最低限の配慮はする』『いずれ結婚したいくらいの気持ちがある上で交際する』などの条件を求めます」(20代・女性)


関連記事:デミセクシャルだと気づくきっかけにも… 恋バナで覚えた違和感

②性別は気にならない

「もしかしたら違う人もいるかもしれませんが、デミセクシャルってその人の性質そのものが大切で、その人のことが大切で好きだからその延長で付き合いたいと思うことがあるマイノリティだと思うんですよね。


私も含め、私の知っているデミセクシャルは『男だからこうあるべき』『女だからこうあるべき』なんてことは思っていません。


それどころか、『同性だから恋愛できない』なんて思っていません。性的なことまで無理なこともあると思いますが、『だから付き合えない』なんてことはないですよね。性別が恋愛関係の障壁にならない点は、パンセクシャルと近いものがあるかもしれません」(40代・女性)

次ページ ③友達との生活もあり

おすすめ記事