デミセクシャルだと気づくきっかけにも… 恋バナで覚えた違和感

デミセクシャルが恋バナで違和感を覚えるかもしれないこととは?

落ち込む女性
(Tunatura/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

デミセクシャルは、愛情や友情など強い感情によって恋愛感情や性的欲求を抱くことがあるとされるセクシャルマイノリティです。

そのため、ただ恋をしにくいだけだと思っていて、自身のマイノリティに気づかないことも…。

そこでfumumu取材班は、デミセクシャルを自認した人が、恋バナで覚えていた違和感について聞いてみました。


①芸能人へのガチ恋

「デミセクシャル全員かはわからないのですが、少なくとも私の周りだと、芸能人へのガチ恋ってないんですよね。一目惚れとかをしないマイノリティだからじゃないかなって思っています。


デミセクシャルだって分かる前から、『かっこいいね』と話すくらいまでは理解できても、芸能人の熱愛発覚や結婚報道にショックを受けるとかは、本気の恋愛だったんだなって一緒に悲しくなったりはするものの、なかなか理解できなかったんです」(20代・女性)


関連記事:自分は男でも女でもない…Xジェンダーだと気づいた場面は?

②「恋がしたいなー」

「結構、『ああ、恋がしたいなー』って口癖のように言う子は多いと思うんですけれど、恋をすることが目的になっているのがよくわからないなって。


強く惹かれる人がいるから恋をするのであって、そういう人がいないのに恋をしようと思うのはなんでなんだろうって思いました。まず好きな人を見つけよう、って言う考え方とか、とりあえず愛して欲しいから彼氏作ろうとか、そう言う考え方は自分とは違うと思います」(20代・女性)


③彼のスペック自慢

「女子会あるあるだと思うんですけれど、彼氏自慢が白熱して、彼氏は大手企業勤だとか、プレゼントにいくら使ってくれるだとか、有名人の友達がいるだとか、いつのまにか彼氏のスペックでマウントを取り始めるのがよくわかりません。


確かに彼はすごいのかもしれないけれど、それは彼の実力であって、付き合っている彼女の力ではないし…。それをさも、自分はすごいんだ、こんな彼氏と付き合う選ばれた人なんだってひけらかしたり、本気でそう思っている人がいたりするのが、理解できないなって思います」(20代・女性)


相手との関係性を一層大切にするマイノリティだからこそ、恋バナで相手の価値観に触れてもやっとしたり、共感しにくいと感じたりすることは多いようです。

・合わせて読みたい→恋愛感情がない「アセクシャル」 恋人と関係を続ける原動力は?

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事