「余裕がある人」になるために… 自分の中から手放したい3つの考え方

肩の力を抜いて無理なく生活するには、どうしたらいいのでしょうか?

スマホを見る女性
(Ridofranz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分のペースを守りつつ、余裕を持って生活している人。どうしたら、そんな人に近づくことができるのでしょうか?

fumumu取材班が、余裕を持つために手放したい考え方を聞いてきました。


①自分への否定

「自分を卑下して話したり、褒められたときに否定ばかりするのは、あまりかっこよくないと思います。自分を下げて話す人って、聞いていてもいい気分にならないんですよ。


フォローしなくてはいけないのかと気を使うし、楽しい話題でもないですから。褒められたら素直に受け取って、変に自分を下げて話さない人のほうが、自分に余裕があってすてきだなと思います。


自分をよく見せようと必死になる必要はないですが、必要以上に自分を下げる必要も、別にないんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:平気じゃないけど… 「大丈夫!」と返してしまう人の心理は?

②「我慢」は「美徳」?

「『我慢は美徳!』と考えていたときは、いつも余裕がなかったと思います。大変なときもちゃんと対応できる人に憧れて、自分に無理を強いていたんですよね。


我慢すればするほど切羽詰まって、結局は周りに迷惑をかけてしまったこともありました。本当に余裕がある人って、ギリギリまで我慢せずに、適度に力を抜いて過ごすことができる人なんだと思います」(20代・女性)

次ページ ③かっこ悪いプライド

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事