スマホの充電コードが炎上 寝ている間に部屋が火の海に!?

スマホの充電器にはご注意を。

スマホ充電
(monkeybusinessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今や私たちの生活に欠かせないアイテムとなったスマートフォン。四六時中見てしまう! という方も多いかと思います。

しかし、近日中国にて充電中のスマホが炎上するという事故が発生。30歳の妊婦が被害に遭いました。

関連記事:SNS依存症かも!? 適度に楽しむにはどうしたらいいの?

■充電コードから漏電事故?

被害者は苗字を「陳」という妊娠4か月の女性。彼女は寝ている最中にスマホを充電する習慣があり、この日もいつも通り充電器に本体を接続してから眠りについたそうです。

しかし、住んでいるのが古い家だったからか明け方に電源コードのプラグとコンセント間に接触不良が発生。コードから火が燃え移り、周りが火の海になってしまいます。

■そのまま炎は自身の体に

陳さんは煙の臭いと熱さで飛び起き、急いで消火を試みました。しかし、不幸にも火は彼女自身に襲い掛かり、全身にやけどを負ったとのこと。

病院へ搬送された彼女は両手、腹部、両足と全身の約30%にやけどを負ったことがわかりましたが、命に別状はない様子。また、お腹の子供も無事だそうです。

しかし、一歩遅ければ大惨事に繋がっていたかもしれないので、まさに危機一髪と言えるでしょう。


■漏電事故には気を付けて!

27歳の頃、一度流産を経験したことからやっとの思いで2度目の妊娠をしたという陳さんは、事故に遭った直後から「子供だけでも助けてください!!」と懇願していたと報道されています。現在は母子ともに容体が安定しているので家族共々胸をなでおろしているのだとか。

ネットからは「スマホ本体が爆発したんじゃなくてよかった」「漏電事故は誰にでも起こり得ることだから怖い」「赤ちゃん無事でよかったね…」といった声が多数寄せられています。

陳さんの担当医は、「夜に充電を行うという方は特に気を付けて欲しい」とコメントを発信しています。漏電や接触不良の事故は、私たちも他人事ではありません。定期的にコードやプラグのチェックを行い、事故の防止に努める意識を持ちましょう…!

・合わせて読みたい→恋人を殺害後にお鍋で… 恐ろしすぎる処理方法が近隣住民を恐怖のどん底に

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事