海老蔵、妻・麻央さんが残した子供へのプレゼントにファン感涙

市川海老蔵さんが、小林麻央さんが子どもたちに買ってあげた数少ないものを公開しました。

市川海老蔵

20日に、歌舞伎役者の市川海老蔵さんが、小林麻央さんが愛息たちに残したものを公開しました。


■ブログで妻について語るように

1月末に、妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんを失って940日を迎え、心の中にあるさみしい気持ちを隠すことをやめることを宣言した市川海老蔵さん。

「ありとあらゆる感情をぼちぼち我慢するのやめてあげよう思います。自分にはぼちぼち素直になろうかなと感じているここ数ヶ月です」と回顧し、ブログでも小林さんについて触れるようになりました。


関連記事:海老蔵、940日を経て心情を吐露 「寂しい」「我慢するのをやめて…」

■「ママが買ってくれた恐竜」

海老蔵さんの子どもには、8歳の麗禾ちゃんと、6歳の勸玄くんがいますが、2017年に乳がんで亡くなってしまったため「麻央が2人に買ってあげたものは多くないです」と、プレゼント品について言及。

ブログでは、ママが勸玄くんにプレゼントした6匹の恐竜を公開し、今でも子供が遊んでいることを写真で公開しました。恐竜の足の裏には、“ママ”が書いたらしい愛息たちの名前が…。それにしても、恐竜に囲まれる勸玄くん、かわいすぎる…。

2人とも、ママから買ってもらったものが少ないからこそ、とても大切に扱っているとのことです。海老蔵さんも、「ずっと大切にしていてほしいです」と思いを綴っています。


■大人になられてもお持ちでしょう

この投稿には、「ママからの大切なものには温かな感触が沁み込んでいるのを感じとっているでしょうね」「なんだか涙がとまらないです。思い出の恐竜さん達。大切な宝物ですね」と感動する人たちのコメントが多く寄せられました。

また、「ずっとずっと大切にしてくれますよ。大好きなママが買ってくれた物です一生の宝物です。そしてそんな2人は麻央さんが遺した海老蔵さんへの宝物です」「大切にして、きっと大人になられてもお持ちでしょう」と未来に思いを馳せている人たちもいました。

まだ小さい2人の中にしっかりと麻央さんが存在し、それを大切にしていることに感動です…。本当に、互いを思い合う素敵な家族ですよね。

・合わせて読みたい→梨花、人生を振り返る 「しんどかった」「50歳になっちゃうよ」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事