市川海老蔵、940日を経て心情を吐露 「寂しい」「我慢するのをやめて…」

市川海老蔵さんが、妻の小林麻央さんへの思いを明かしました。

市川海老蔵
(画像は市川海老蔵 Instagramのスクリーンショット)

歌舞伎役者の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんは乳がんを患っており、2017年6月22日、34歳の若さで亡くなりました。

あの日から約940日が経過して、そろそろ自分に素直になっても良いのではないかと思ったという海老蔵さんは、自分の心情をブログで吐露しました。


■「表現しないように」

これまで、ずっと悲しみや辛さを耐えて、「周りにも自分にも表現しないように」と我慢してきたという海老蔵さん。30日に初めて「未だに悲しさが溢れるというか、我慢していたぶん今だから出てくる悲しさが」と告白しました。

そして、「とてもとても辛かった。そして悲しかった。寂しい。そのようなありとあらゆる感情をぼちぼち我慢するのやめてあげよう思います。自分にはぼちぼち素直になろうかなと感じているここ数ヶ月です」と、これから自分の正直な想いを明かしていく旨を綴りました。


関連記事:海老蔵、妻・麻央さんが残した子供へのプレゼントにファン感涙

■「白髪も増えた」

そのストレスからでしょう、「あの時から一気に白髪も増えたなーと。顔も痩せたなーと最近思います笑」と自身の変化に関しても言及しています。確かにとっても白髪が目立つようになったと感じますよね…。

小林麻央さんがなくなる寸前、海老蔵さんのいる方を向いて「愛してる」といったほどに仲睦まじい夫婦。失った辛さと、その思いを一人で耐え続けてきた辛さは計り知れません…。


■自分を大切にしてください

この海老蔵さんの素直な想いにはファンも心を痛め、非常に多くのコメントが寄せられています。

「如何なる時も(平常心)でいようと努力して、哀しみや、寂しさ、それらを打ち消すかのように、人の2倍も、3倍も働き続け。。それでも、垣間見える、海老蔵さんの心の葛藤は、ブログの中に、滲みでる時が有ります」


「痛い。心を解放してあげてください。自分を大切にしてください」


「海老蔵さん、お仕事に子育てに本当に尊敬です! 麻央さんも海老蔵さんも本当に素敵な方々!これからも応援しています!! お身体お大事にお過ごし下さい」


海老蔵さんがストレスを溜めすぎないことを願っています…。

・合わせて読みたい→高橋ユウ、愛息の名前を公開 「考えて考えて考え抜いた」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事