ミルクボーイ内海、ファンが0人になった理由にスタジオ爆笑

お笑いコンビ・ミルクボーイの内海さんが「ファンが0人になった」事実を告白。

ミルクボーイ

お笑いコンビ「ミルクボーイ」がの駒場孝さん、内海崇さんが11日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。

内海さんが、一時期ファンが0人になってしまったことについて語りました。


■ファンは1人のみ?

2019年M-1グランプリで歴代最高得点を獲得及び優勝し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのミルクボーイ。結成が2007年、同期は「オリエンタルラジオ」や「はんにゃ」であることを考えるとやや遅咲きとも言える2人。

番組内でMCのくりぃむしちゅー上田晋也さんに「どっちが人気あんの?」と問われると、「僕が一応…1人ファンの方がおられまして」と駒場さんが控えめに答え、謙虚な姿勢を見せました。


関連記事:ミルクボーイ内海、メディアの誤解に困惑 「彼女が駒場に…」

■長年のファンが彼女に

一方、内海さんは「1人いたんですけど彼女になりまして…」と告白。たった1人のファンを彼女にしてしまったため、「0人になりました!」と元気に答えます。

彼女とは現在交際8年目だそうで、「8年間ファンいないのかお前」とツッコミを受けると「はい!いないです!」と認めました。また、駒場さんのファンが1人ということから「1:0でやらしてもらってます」と優勝コンビらしからぬボケをかまし、その場の笑いをかっさらっています。

次ページ ■出待ちはマンツーマンシステム

おすすめ記事