人間関係のストレスは減らせるの? 意識するべき自分の言動とは

人付き合いのイライラ、卒業できる日は来るのでしょうか。少しでも過ごしやすくなるために、意識するべきポイントを聞いてきました。

落ち込む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

様々ある悩みの中でも、群を抜いて多いのが人間関係の悩みなのではないでしょうか。

人との付き合い方で悩まないために、意識したほうがいいことはあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。


①相手の立場を忘れない

「相手の立場を忘れて自分の都合でばかり考えていると、自分がイライラしてしまうと思うんです。『ああしてほしかったのに、どうしてわかってくれないの!?』って。


相手の行動でイライラするときって、自分の望む通りに動いてくれないときじゃないですか。でも、相手には相手の立場や考え方があるので、自分の都合でばかり考えしまうのは意味がないと思います。


相手の立場で考えることを忘れなければ、無駄にムカつくことも少なくなる気がします」(20代・女性)


関連記事:人間関係を修復する方法はある? 怒った立場の人に聞いてみた

②一言増やす or 減らす

「職場で不満ばかり言っている同期は、私から見ると自分で問題を呼び込んでいる気がします。先輩に注意されても、素直に謝って次から気をつければいいのに、『そうかなと思ったんですけど…』と一言多いんですよ。


横で聞いていて先輩がイライラしているのがわかって、こちらが疲れてしまいます。人付き合いが上手だなと思う先輩は、逆に気の利く一言がプラスされているんですよね。


お礼を言うときも、『〇〇さん、ありがとうございます!』と名前を付けたり。良くも悪くも、言葉の力は大きいんだなと思いました」(20代・女性)


③適度に距離を取る

「人との距離が近すぎると、人間関係でも悩みやすいと思います。相手のことを理解してあげないと! と張り切りすぎてしまったり、逆にすべて理解してもらえないなら気が合わないと思いこんでしまったり…。


完璧に気が合う人って、そもそもいないと思いますよ。絶対に価値観が違う部分はあるはずだから、適度に距離を取って、べったりしすぎないことが大切なんじゃないでしょうか」(20代・女性)

どうしても生まれやすい人間関係の悩み。少しでも過ごしやすくするために、意識できるものからチャレンジしてみて下さいね。

・合わせて読みたい→人付き合いが苦痛… 人間関係に悩まないコツはある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事