「金欠だわ~」が口癖の人は要注意! お金が貯まらない人の3つの特徴

お金がない原因は、自分の些細な行動が関係しているかも? いつも金欠の人の特徴を聞いてきました。

ショックを受ける女性
(Crdjan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気がついたらいつも金欠、そこまでお金を使っているつもりはないのにどうして?

そう悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。金欠になりやすい人の共通点は、意外と些細なことのようですよ。

fumumu取材班が、お金が貯まらない人の特徴を聞いてきました。


①財布の中が汚い

「『お金がない』が口癖の友達は、とにかく財布の中が汚いです! お金がいくら入っているかも把握していないので、『いつの間にかお金ない~』と嘆いていることも珍しくありません。


レシートも溜まりっぱなしなので、長財布がパンパンになっているんです…。そんな財布じゃ、お金も貯まらないよ! と思ってしまいます。


せめて、財布の中のお金と、その中で今日使える額くらいは把握しておいたほうがいいと思います。財布に入っていると使ってしまうなら、現金とカードを家に置いてくるとか、多少の荒療治が必要じゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:「浪費癖」から卒業するには? お金を使いすぎないためのポイント

②固定費が高すぎる

「節約を決意してまずしたことは、固定費をチェックすること! 毎月払わなくてはいけないものって、意外と把握していなかったりするんですよね。


私の場合はスマホ代がすごく高かったので、思い切って格安SIMに変更しました。一人暮らしをしている人だったら、家賃や水光熱を見直してみるのもアリですよね。


友達は、毎月の家賃がバカにならないからと、最近シェアハウスに引越して貯金を始めたみたいですよ」(20代・女性)


③有料アプリを把握してない

「貯金ができない人は、小さな額のお金を使い続けているんだと思います。私も、スマホで簡単に登録できるからって、有料アプリにガンガン課金していたんですよね…。


ひとつひとつの額が少ないので意識していなかったんですけど、合計すると意外と高いんですよ。少額を節約できない人が、大きな額の貯金なんてできないと思います。


塵も積もれば山となると思って、最近は1,000円以下の出費から見直しているところです」(20代・女性)

パンパンになった財布にギクッとしたのなら、溜まったレシートを捨てることから始めてみましょう!

簡単に入力できる家計簿アプリもたくさん出ているので、一度チェックしてみるのもおすすめですよ。

・合わせて読みたい→給料日前の悩みを解消! すぐに始める「金欠回避」3つの方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事