「もうがんばれない…」そう思ったときに、自分を助ける方法はある?

がんばりすぎて疲れてしまったとき、自分に対してなにをしてあげればいいのでしょうか。

疲れる女性
(morgan23/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「がんばりたいのに、もう動けない。もう消えてしまいたい…」

気持ちが追い詰められてしまったとき、どうやって自分を救えばいいのでしょうか。

fumumu取材班が、ぺしゃんこに潰れてしまう前に自分を助ける方法を、詳しく聞いてきました。


①なにもしない休暇を作る

「心身ともに余裕がなくなると、自分のことも大切にできなくなるんですよね。そうなったら、できるだけ早いタイミングで休暇を作るべきです。


人と会う予定を入れないで、本当になにもしない時間を作るんです。考える時間ができると、疲れていてがんばれなかったのか、そもそもがんばりたいと思ってもいないことなのか、答えが見えることもありますよ。


休みなくノンストップで動き続けるなんて、誰だって無理ですから…。キャパオーバーで潰れてしまう前に、自分を休ませてあげてほしいです」(20代・女性)


関連記事:「自分ってダメだなぁ…」と落ち込んだとき、どう持ち直してる?

②複数の人に相談する

「できれば2人以上に相談して、いろいろな意見をもらうことがおすすめです。ひとりだけに相談してしまうと、その人の答えが自分をさらに追い詰めるようなものだったとき、逃げ場がないんですよね。


『そんなことで悩むなんて甘いよ』と言われてしまったら、ますます苦しいじゃないですか。考え方はそれぞれ違うから、何人かの考えを聞いておくべきだと思います。


いくつかの言葉の中に、気持ちが楽になるものがあるなら、それだけ受け取ればいいんですよ」(20代・女性)


③自分を客観的に見る

「自分のことになると、近すぎて見えない部分もあると思うので…。自分がいる状況に、友達などの自分以外の人がいるところを想像してみてほしいです。


そうすると、『がんばれないって当たり前じゃん!忙しすぎ!』と気がつけることもあるんですよ。客観的に状況を把握することで、無理をしている自分が見えてくるんだと思います。


自分だと、つい『これくらい乗り越えなくちゃ…』と厳しくしちゃったりするんですよね。俯瞰して見てみることで、意外と追い詰められていると分かりますよ」(20代・女性)


その他には、「睡眠をたっぷり取る」「悩みの原因をちゃんと探る」「ストレスの原因から思い切って逃げる」などが出てきました。

自分を守ってあげられるのは、最終的には自分です。休むことに罪悪感を持たずに、しっかり心身を回復させてあげてくださいね。

・合わせて読みたい→好きすぎて素の自分でいられない…どうすればいい?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事