自分らしさってなに? 自分を見つける3つの方法を聞いてきた

「自分らしさ」と聞いても、ピンとこない方もいるのでは? どうやって自分を見つければいいのでしょうか。

ノート
(g-stockstudio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「自分らしさを大切に!」と言うけれど、そもそも自分らしさってなに? と思っている方もいるのではないでしょうか。

自分らしさが見つからずに悩んでいる人のために、fumumu取材班が自己分析の方法を聞いてきました!


①日記をつける

「自分の考えていることって、基本が無意識だと思うので、残しておかないと忘れてしまうんですよね。日記をつけるようになってから、自分のことがよくわかるようになりました。


楽しいと思った遊びとか、悲しかった出来事とか。自分らしさって、そういう何気ないところに隠されている気がします。


文字にして残しておくと、後から見返せるのがいいんですよね。自己分析するときの材料として、すごく役に立つと思います」(20代・女性)


関連記事:「自分らしさ」ってどう探すの? 自分自身を見つける3つの方法

②怒りを感じるポイントを探す

「好きなことを探すと迷ってしまう人でも、イライラするポイントは探しやすいと思うんです。どこに不満を感じるのかって、その人がすごく表れている気がするんですよね。


私は、人混みが苦手で、大きな音が嫌いなんです。外で大声を出している人を見るとイライラするし、絶対に仲よくなれないタイプだなと思います。それがわかるだけで、『そういえば落ち着いた場所が好きだな』って気がつけるじゃないですか。


苦手分野の反対が、得意なことだったりもするし。マイナスの感情から自分を探してみるのは、わかりやすいと思いますよ」(20代・女性)


③いろいろな人と関わる

「ひとりで考えていても答えが出ないなら、いろいろな人と関わってみるのがおすすめです。自分のことって、意外と自分が一番わからないから。


就活で悩んだときは、友達に『私ってどんな仕事が向いてると思う?』と聞きまくりました(笑)。自分が気がついていない長所や特徴を、人から教えてもらえることもありましたよ。


自分ではまったく考えなかった業界を提案してくれたりして、視野が広がりました。いつもの自分を見てくれている人たちの意見は、とても貴重だと思います」(20代・女性)

自分が当たり前のようにしている行動に、自分らしさが隠れているのかもしれません。

手書きの日記が面倒なら、スマホで簡単に入力できる日記アプリもおすすめですよ。

・合わせて読みたい→ブレない人に憧れる! 小さいことを気にしない3つの考え方

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事