朝ドラ「スカーレット」で人気爆発! 「#八郎沼」にハマる女子続出

朝ドラ『スカーレット』で大注目!松下洸平さん演じる「八郎さん」って!?

松下洸平
(画像は松下洸平Instagramのスクリーンショット)

現在、放送されているNHKの朝の連続テレビ小説『スカーレット』。戸田恵梨香さんが演じるヒロイン・喜美子が、滋賀の信楽を舞台に女性陶芸家として奮闘する物語です。

そんな朝ドラで今、毎朝視聴者たちを魅了している男性がいます! それは、俳優・松下洸平さん演じる、喜美子の夫を演じる十代田八郎。

八郎はどのような人物なのか!? 多くの女性がトリコになってしまう理由とは!? 「#八郎沼」にすっかり浸かってしまったfumumu編集部がその魅力を語りたいと思います!


■朝ドラ『スカーレット』の八郎さんって?

八郎さんは、喜美子の夫となる人物。二人は、八郎が喜美子が勤めている陶芸工業会社『丸熊陶業』に若い陶工として入社したのがきっかけで知り合いました。八郎は『商品開発』で丸熊陶業の新製品の企画の仕事をします。

一見、気弱で頼りなさそうに見える八郎さん。でも、そのような見た目とは裏腹に「陶芸家になる」と夢実現のために燃えるアツい青年なんです! 性格も非常に良い。誰にでも優しく、誠実。仕事も真面目に取り組みます。

自分の仕事をこなすだけではなく、陶芸家になるために、仕事の合間では作品作りに没頭。夢への努力を怠りません。まさに絵に描いたような好青年。

ヒロインの喜美子とは、「陶芸」を通じて距離を縮めていきます。陶芸に興味をもった喜美子は、八郎さんの作品作りの様子を見学させてもらうことに。二人は一緒に時間を過ごすようになり、お互いに惹かれ合っていきます。

その後、二人は結ばれ、無事に結婚! 21日の放送では結婚式が行われ、まさに幸せの絶頂にいるところです!


関連記事:戸田恵梨香、息子との動画に反響 「癒された」「寂しい…」

■八郎のここがいい!

それでは、fumumu編集部がキュンキュンきた、八郎さんの魅力をいくつかご紹介したいと思います!


◆付き合うまで名前で呼ばない

八郎さんは、喜美子の幼馴染みの信作(林遣都)と仲がいい様子。お互いのことを名前で呼び合う仲です。そんな二人を見て、自分はいつまでたっても名字の「川原さん」…。自分も名前で呼んでくれ! という喜美子に八郎は「付き合っていない人のことを、気軽に名前で呼べない」というのです。

この発言から、八郎の真面目で相手のことを真剣に考えている姿勢が伝わってきます。こんな律儀なことを言われると、「ああ、自分のことを本当に大切に思ってくれているのだな」ということが伝わってきます。


◆言葉が素敵

そして、なんといっても「八郎沼」にどハマりしたのは、喜美子と八郎の告白のシーン。八郎さんの言葉が素敵! 八郎さんは、喜美子の手を握り、こう言います。

「離さへん、僕はずっと離さへん」 それから、「抱きよせてもいいですか?」 と喜美子を優しく抱きしめるのです。何も言わず抱きしめるのではなく、ちゃんと相手の許可をとる八郎さん。これはポイントがかなり高い!

さらに、夫婦茶碗を差し出し「これで毎日一緒にごはん食べような」と陶芸家らしいプロポーズ! 他にも心にこもったキュンキュンするような名言を八郎さんは生みだします。


◆上司の報告

恋人同士となった喜美子と八郎さん。しかし、二人の職場は同じ。もし、二人で頻繁に一緒にいるところを見られたら…。変なウワサが広まってしまう可能性もありますよね。

付き合いはじめた翌日、いつものように喜美子が出社すると、社長夫婦がやってきます。八郎さんのことを怒られるのでは…!? と思った喜美子でしたが、二人から祝福されます。

話を聞くと、八郎さんがすでに社長たちに喜美子とのことを報告していたのです。八郎さんの真面目な性格が見られます。相手が過ごしやすい環境を整える…。頼りがいがある!


◆たまに見せる”男”に胸キュン

しかし、ただ優しいだけではないのです! 男らしい「オス」の一面も持ち合わせているのが、八郎! 二人で陶芸作業のため、部屋に籠っていたときのこと。

これからの夫婦生活について語り合う場面がありました。結婚式のことや陶芸の作品展のこと…。どんどん計画を立てていきます。そこで、八郎さんがふと言うのです。

「キスはいつするんやろ」驚く喜美子には「結婚式の辺り」と答えます。しかし、さらにこう言うのです。「全部予定通りじゃつまらん。僕も男やで」そして八郎は喜美子の唇に近づく…!

急に男らしい一面を見せてきた八郎。優しさと男らしさを兼ね備えた男性は最強!

その他にも、何度もめげずに喜美子の父親に結婚を許してもらうように家まで行くなど、魅力ポイントはたくさん! 毎朝、見れば見るほど新しい一面が見えてきます。

次ページ ■「#八郎沼」にハマる人続出

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事