ドン引きされるかも? 初対面で避けたほうがいいコミュニケーション

初対面で「失礼な人だな!」と思われないために、避けたほうが安心の話題を聞いてきました。

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

初対面でのコミュニケーションを間違えると、その後の関係性を作っていくのにとても苦労してしまいますよね。

初めて会う人との接し方で、避けたほうがいいことはあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。


①持ち物の値段を聞く

「友達と仲がいい子を交えて遊んだときに、私とは初対面なのに『そのバッグかわいいねー!でも高そう、いくら?』と聞かれたのは、微妙な気持ちになりました。


隠すほどでもないですけど、初めて会った人にいきなり物の値段を聞かれるのは、ちょっと驚いてしまいます。仲がいい子に聞かれるのは別に大丈夫なんですけどね。


人によってはまったく気にしないタイプもいると思いますけど、相手が気にするかどうか分からないなら、やめておいたほうが安心だと思います」(20代・女性)


関連記事:営業マンも使ってる!? 初対面で好印象を持ってもらう3つのコツ

②容姿ばかりを褒める

「褒められるのは嬉しいですけど、あまりにも容姿ばかりを褒められるのは複雑です。体のことを言われたりするのも、相手によっては気持ち悪いなと感じるので…。


胸が大きいことがコンプレックスなんですけど、初対面なのにそこを言ってくる人とかいるんですよね。同じ女性であっても、褒めているつもりでも傷をえぐってるよ…と思ってしまいます。


周りからは長所でも、本人にとっては指摘されたくないことだったりもするので、初対面で外見ばかりを褒めるのは危険かもしれないですよ」(20代・女性)


③血液型を質問する

「血液型の話って、一昔前にブームが去った気がするんですよね。何型? と聞かれると、いまさらこの話題かぁと思ってしまいます。


ネタとしてならまだいいですけど、本気で『O型なんだ、じゃあ社交的なんだね!』と言われると、血液型診断を信じすぎじゃないの…とも思いますね。血液型の相性を言ってくる人もいますけど、あまり興味がないです。


診断系は、盛り上がる人とまったく興味がない人と分かれるので、相手がどちらか分からないなら、言わないのが安心じゃないですか」(20代・女性)

相手となにを話したらいいのか分からないから、とりあえず褒めておくという人も多いのではないでしょうか。

相手の反応が芳しくないのなら、よくある天気や食べ物の話で場を乗り切るほうが安全かもしれないですよ。

・合わせて読みたい→初対面で仲よくなれるの? 好感度アップの会話テクニック

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事