メリットがいっぱい! 「私がセール品を買わない理由」聞いてみた

ただ安いというだけでセール品を買っていませんか? お得なようで損をしてしまうこともあるようです。

洋服
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

もうすぐ、冬のセールが始まりますね。欲しかった商品がお得に買える一方で、必要以上に買い過ぎ、金欠になってしまった…という経験がある人も多いのでは?

セール品は、買うよりも買わないメリットの方が多いのだそう。

fumumu取材班が、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①処分するにもお金がかかるから

「去年、大掃除をした時のことです。思い切って断捨離したところ、いらない物を処分するのにかなりのお金がかかり、驚きました。


安物買いの銭失いって、正にこのことですね。セールで買ったテーブルセットなんて、処分価格が購入価格を上回ってドン引き。どうせお金を出すのなら、長く使える上質な物を選んだ方がいいですね」(20代・女性)


関連記事:買った物がセールで安くなっていたときの気持ちの切り替え方5選

②物が少ない空間は居心地がいい

「物が少ない空間は居心地がいいです。物が散乱したいた時に比べて、イライラが減りました。


また、掃除も楽なので、お部屋の清潔感もアップ! 気持ち良く新年を迎えられそうです」(20代・女性)


③ストレスが減った

「セール中、自分が買った時よりも安く売られている商品を見るとガッカリします。また、値引き率が大きければ大きいほど、ストレスになることも。


でも、セール品を買わない、セール売り場に近づかないようになったことで損得に囚われることがなくなり、一気にストレスが減りました」(20代・女性)


④無駄遣いが減りお金が貯まる

「セール品を買わないようになってから無駄使いが減り、お金が貯まるようになりました。


『なければ困る物』は買うしかありませんが、『あったら良さそう』とか『安いから試してみよう』とういうような商品は無駄遣いの原因に。買わないに越したことないですね」(20代・女性)


⑤開運効果もあるらしい

「『部屋が物が溢れ返っていると幸運が入ってくるスペースがない』という占い記事を雑誌で読み、必需品以外の物は買うのを止めました。


すると、嘘かホントか幸運が舞い込んだようで、程なくして彼氏ができました!」(20代・女性)


「生活に必要不可欠なものは案外少ない」と、経験者たち。

セール品に惑わされることなく、スッキリとした部屋と気持ちで、新しい年を迎えたいですね。

・合わせて読みたい→紙切れさえも取っておく…物が捨てられない人にイラッとしたエピソード

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!