営業マンも使ってる!? 初対面で好印象を持ってもらう3つのコツ

盛り上げることが苦手でも、好印象を持ってもらうことは可能のようですよ。

カップル
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

初対面で「この人は話しやすいな」と思ってもらうために、なにかコツはあるのでしょうか? 初めから好印象を持ってもらえれば、その後の関係性も作りやすいですよね。

今回は、初めて話す人へのおすすめの接し方を、fumumu取材班が聞いてきました。


①適度に質問をする

「営業だったときは、自分が相手に興味があると伝えることを意識してました。こちらの話を聞いてもらいたいからと、一方的に話してばかりだと相手は引いてしまうんですよね。


『この人は自分の話を聞いてくれる人だ』と思ってくれると、話も自然とはずむんです。話し上手より、目指すなら聞き上手!


お世辞ばかり言っても社交的な人にはバレてしまうので、本当に自分が疑問に思ったことを聞いておくのが安全だと思いますよ。」(20代・女性)


関連記事:緊張して話せない…初対面の人との会話をどうやって乗り切る?

②まずは笑顔!

「やっぱり笑顔は武器だと思います。お互いにどんな人間かわからない状態だと、相手が笑顔なだけでホッとするじゃないですか。相手の表情がやわらかいと、自分のことを受け入れてくれそうだなと感じるんですよね。


反対に、ムスッとしている人には話しかけにくいですよね。親しい仲だと『今日機嫌悪そうじゃん!』と軽口を言えるけど、初対面でそのアプローチは無理ですよね(笑)


初対面で緊張していても、とりあえず口角を上げておくだけで、相手に与える印象は変わると思います」(20代・女性)


③パーソナルスペースを守る

「初対面の人には、できればパーソナルスペースを守ってほしいなと思います。異様に話す距離が近いとか、初対面なのにボディタッチが多いとかは、馴れ馴れしくて苦手です…。


同性でも、初対面でベタベタ触ってくる人は嫌ですね。無駄に体に触れられること自体が不快なので、性別は関係なく距離感は保ってほしいです。


相手がどのくらいスキンシップに慣れているかはわからないので、初対面では相手に触らないようにしたほうが安全だと思いますよ」(20代・女性)

仲よくしたいからと、初めから馴れ馴れしくするのは相手にとっては逆効果かもしれません。適度な距離感を保って、笑顔で接するのがおすすめのようですね。

・合わせて読みたい→いつも笑顔でいるから? 話しやすいと思われる人の共通点とは

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事