4年連続ミシュランを獲得したラーメンに視聴者ヨダレ 「いや、もう…」

29日、セブンルールでミシュランに4年連続選ばれたラーメン屋『多賀野』に密着!

高野多賀子
(画像は7RULES (セブンルール)Twitterのスクリーンショット)

様々な分野で活躍している女性に密着し、その女性が自分に課しているルールを手掛かりに人生観を映し出すドキュメンタリー番組『セブンルール』(カンテレ/フジテレビ系)。

29日には、東京・品川にある絶品ラーメン店の店長のセブンルールに迫りました。


■4年連続ミシュランに!

東京・品川の荏原中延駅前にあるラーメン店「多賀野」店主 ・高野多賀子さん。ラーメンが大好きだった高野さんは1996年に旦那さんと一緒にラーメン屋を開きました。

創業23年、カウンターは12席、営業時間は11時半からわずか3時間のラーメン屋。週末は店の前には行列ができ、多くのラーメンファンを魅了しています。


旨味やコクがしっかり入ったラーメンは絶品!4年連続ミシュランのビグブルマンに選ばれ、今年8月には香港にも進出しました。

今年64歳の高野さんは、年齢を感じさせないほど元気に動き回ります。スープと麺は1から、チャーシューやメンマは自家製というこだわり。開店前は、高野さん自ら味をチェックです。

「継承するというか全部やり方を教える」。お店は将来、本気でラーメン屋をやりたい人を募集。すでに多賀野での修行を終え、すでに自分の店を持っている人も。

ラーメンのおいしさの秘密にせまることができた回でした。


関連記事:孤立した在日アジア女性のために…食を通じた交流に「心温まる」とほっこり

■お客さんと協力

そんな高野さんのセブンルールはこちら。

番組ではお客さんにお店を手伝ってもらう場面が。食べ終わった後は、お客さんにテーブルを拭いてもらう。14時半でお店が終了なので、最後のお客さんに閉店を伝えてもらう。

こういうことができるのは、お客さんのためにラーメンを丁寧に作り、心優しい高野さんの魅力があってこそ。また、新メニューは常連客の方に試してもらうなど、お客さんと築き上げた信頼関係も垣間見えました。

中には20年通い続けている人や「中学生の頃から」通っている人も。長年、愛されているのはお客さんとのコミュニケーションも1つの要因かもしれません。


■ラーメン食べたい!

番組内で流れるおいしそうなラーメンたち。放送直後から「ラーメンを食べたい!」という声が殺到しています。

夜11時という遅い時間の放送でもあるためか、視聴者たちにとってはかなりの飯テロだった様子。自家製の食材で朝からじっくり作っている姿を見てしまっては食べたくなるのも仕方がない!

食欲の秋。極上のラーメンを求め、ぜひ食べに行ってみては?

・合わせて読みたい→孤立した在日アジア女性のために…食を通じた交流に「心温まる」とほっこり

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!