顔相鑑定⑯:山田孝之、濃い系ジャパニーズの代表としてハリウッドに進出!?

今回は、主演を務めた『全裸監督』では体当たりの演技が大きな話題となっている俳優の山田孝之さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は、俳優の山田孝之さん。主演を務めたNetflixオリジナルドラマ『全裸監督』は、世界190カ国同時に配信され、その体当たりの演技が大きな話題となっています。

また、公演中のミュージカル『ペテン師と詐欺師』では、若くケチなアメリカ人詐欺師役を演じるなど、シリアスなものからコメディまでどんな役柄でも演じきり、高い評価を得ています。


■縄文顔の山田孝之

山田孝之

そんな山田孝之さんのお顔は、なんと言っても“濃い”のが特徴。それもハーフっぽい濃さではなく、純日本人の濃い顔です。

人類学では、日本人のルーツは南方系の縄文人と北方渡来系の弥生人のミックスだと言われていますが、山田孝之さんは縄文顔の要素がとても多いお顔です。

縄文顔には、四角い輪郭で直線的、凹凸があって眉とヒゲが濃く目が二重まぶた、鼻が太くて唇が厚い特徴があり、山田孝之さんはこのすべてに当てはまります。

縄文顔は鹿児島出身の山田孝之さんのように南九州出身の人に多く、性格的には陽気で明るい傾向があります。以前は役柄の影響が寡黙な印象の強かった山田さんも、最近ではバラエティ番組等で明るい性格が見られる機会が増えました。


関連記事:ローラ&水原希子、ヒゲ面ショット公開に反響  山田孝之が合流も

■マジックで描いたような眉

そんな濃い系ジャパニーズの山田孝之さん。濃くて太い眉毛は、凛々しいというのを通り越し、マジックで描いたかのようです。濃い眉は意志の強さを、太い眉はねばり強さを表しますので、忍耐力と執念深さは相当なものがあります。

また、眉の形もキッチリ整えているので自意識の高さもうかがえます。


■オトコオトコしていない

パーツの配置も平均型の美形の配置ではあるものの、目と目の間はちょっとだけ狭めで神経質かつ集中力が高い傾向も見られます。

縄文系の濃い顔だけどアゴのガッシリ感や彫りの深さはそれほどでもなく、オトコオトコしていないのも、中性的な顔が好まれる現代の価値観とマッチしています。

『全裸監督』はシーズン2の製作も決定。これで海外での認知度や人気がさらに上がることになるでしょう。となると、その先にはいよいよハリウッド。日本を代表する実力派俳優として世界で活躍することを願っています。


★9月22日(日)に大阪のNHK文化センター守口教室で「顔の専門家が教える『開運顔』の作り方」と題した講演を行います。詳しくはブログをご覧ください。

・合わせて読みたい→顔相鑑定⑲:岩田剛典の顔はダイヤモンドの輝き! 興奮しやすい一面も?

(文/fumumu編集部・池袋絵意知) イラスト/ヨザワ マイ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!