『TWO WEEKS』で話題の新人俳優・島村龍乃介 とにかくかわいいから見て…

三浦春馬さん主演のドラマ『TWO WEEKS』に出演した島村龍乃介さんにインタビュー!

今年開催された『ホリプロメンズスターオーディション』で、ファイナリストに選ばれ、現在放送中のドラマ『TWO WEEKS』(カンテレ・フジテレビ系)でデビューを果たした新人俳優の島村龍乃介さん。

fumumu取材班は、今後さらなる活躍が期待されている17歳の島村さんにインタビューを行いました。


■関西弁が超かわいい

——島村さんは大阪出身なんですよね。

島村:はい。1年ほど前、高校に進学するタイミングで家族全員で上京しました。


——時々出る関西弁がすごく素敵です! 演技では標準語のことが多いと思いますが、大丈夫そうですか…?

島村:なんとか! でも、普段友達と喋ってるときは、やっぱり関西弁が出ちゃいます。


——島村さんがファイナリストになられた『ホリプロメンズスターオーディション』は、俳優の原石を発掘するものでした。役者の仕事には元々興味があったんですか?

島村:はい、ありました。小学4年生のときに、親が借りてきた『DEATH NOTE』を観たのがきっかけです。


「お芝居かっこいいなあ、僕もやってみたいなあ」と思ったんです。親にも「役者の仕事をやりたい」と伝えていたので、親が見つけてくれたオーディションに応募しました。


関連記事:三浦春馬&芳根京子の姿に「暑いけど頑張って!」とエール殺到

■緊張で手足が震えたそう

——オーディションは、緊張されたのではないでしょうか。

島村:めちゃくちゃ緊張しました。書類審査に合格して、次は審査会場に足を運ぶ流れだったんですけど、緊張しすぎて初めて手足が震えて…。自分を落ち着かせるのに必死でした。正直あまり覚えてないです。


——緊張のなか、どのようなことをアピールしたんですか?

島村:自己PRでは、「とにかく役者がやりたいです」という思いを伝えました。そして、昔からやっていたサッカーのリフティングとダンスを披露しました。


——オーディションは何度にもわたる審査があったと聞いています。

島村:5次審査くらいまでありました。4次審査は合宿でした。合宿中は個性を見られてたのかな? 合宿のときには緊張もほぐれて、自分らしくいられたんじゃないかなと思います。

次ページ ■踏み出した役者としての一歩

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!