令和元旦婚で気になる…「結婚相手に妥協したこと」聞いてみた

完璧な結婚相手が見つからない…と、婚活を諦めかけている人は、参考になるかもしれません。

結婚
(west/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

メディアで話題となっている、令和元旦婚。結婚願望はあっても、結婚するきっかけや理由がない…と悩んでいた人にとっては、またとないチャンスになったことでしょう。

しかし、なかには、結婚を優先するがあまり、夫選びは妥協したという人もいるようです。

fumumu取材班が、妥協したことについて、女性たちに詳しい話を聞きました。

 

①見た目

「正直、彼氏の見た目は全くタイプではありませんでした。でも、私のことをまるでお姫様のように優しく扱ってくれるんです。もし、彼氏が夫になってくれたら、私は一生幸せでいられる気がしました。

 

彼氏にプロポーズされた時、結婚に大切なのは中身だと考えて、結婚を決めました」(20代・女性)

 

②収入

「彼氏の年収は、結婚相手として理想的な金額とは言えませんでした。でも、私自身、専業主婦になるつもりはなかったし、共働きすれば普通の生活はできると思ったので、結婚を決めました。

 

結果、贅沢はそれほどできませんが、欲しいモノを買ったり好きなものを食べたりしても、お金が足りないということはなく、幸せな結婚生活を送っています」(20代・女性)

 

③離婚歴

「彼氏はバツイチでしたが、結婚に失敗したのは過去の話です。前の奥さんとは上手くいかなかったのかもしれませんが、私との相性は抜群だし、超ラブラブでした。

 

過去にとらわれて未来を諦めるなんてもったいないと思い、結婚を決めました」(20代・女性)

 

きっけかは「妥協」だったとしても、解決策を見出し、幸せな結婚生活を送っている人はたくさんいます。

人は完璧ではないからこそ、自分以外の誰かが必要なのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→こんな人ならすぐに結婚するべき! 既婚者に聞いた「理想の夫」

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!