二股がばれた男子の最悪な言い訳に「呆れたとしか…」

一生、たった一人の相手を愛し続けることは難しいかもしれません。しかし、だからと言って、浮気を許せるかどうかは別問題でしょう。

カップルのケンカ
(deeepblue/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

浮気や不倫が日常的なニュースになっている今、彼女と別れるつもりはないけれど、満足できない…と、本命がいるのを内緒にしながら浮気相手との恋愛を楽しんでいる男子は多いのだとか。

しかし、二股をかけられていたと知ったら、どんな言い訳をされても許すことなんてできないでしょう。

fumumu取材班が、二股だと知ったときに男性が放った言い訳について、経験者の女性達に詳しく聞きました。

 

①一緒にいられるだけで嬉しくないの?

「初めて彼氏の家に行ったとき、自分以外の女性の洋服が置いてあるのを見つけ、自分がセカンドだったということを知りました。『彼女と別れて欲しい』と言いましたが、『一緒にいられるだけで嬉しくないの?』と彼氏。

 

『先のことなんて分からないよ』『今の幸せを楽しまなきゃ損だよ』と、全く悪びれないどことか、むしろ開き直った様子に呆れてしまいました」(20代・女性)

 

②秘密の恋の方が燃えるし楽しいよ!

「待ち合わせ場所に向かう途中、彼氏が他の女性とキスをしているのを目撃してしまいました。待ち合わせ後に問いただしたところ、『別れたいんだけど、別れさせてもらえなくて…』と、彼氏。

 

『彼女にバレたら怖いから、2人で秘密の恋を楽しもうよ。燃えるよ』と続けてきたので、『あの子と別れたら連絡して』と、その場を後にしました。しかし、その後、彼氏からの連絡はありません」(20代・女性)

 

③他の男と付き合っても怒らないから

「デート中、女性からの電話で突然帰ってしまった彼氏。胸騒ぎがしたので、こっそり後を追いかけてみたら…案の定、別の女性と待ち合わせをしていました。

 

次のデートで問い詰めたところ、『傷つけちゃったよね、ごめんね。でも、他の男と付き合っても俺も怒らないから』と彼氏。呆れて何も言えなくなってしまいました」(20代・女性)

 

相手に彼女がいると知ったとき、寛容なフリをしてそのまま付き合ってしまうと、ツラいままになる可能性は高いでしょう。未来のために、強くNOと言えるようにしたいですね。

・合わせて読みたい→信用できない! 彼氏を優先して約束をドタキャンする女友達の最低行動3選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!