恋愛テクが逆効果に?! 女子に勘違いされた男子のアプローチ法

素直になれない、素直になっていいかわからない…好きだからこそ傷つきたくなくて、勘違いが生まれてしまうこともあるようです。

イライラする女性
(y-studio/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男子の曖昧な言動に、社交辞令なのか本気なのかがわからない…と振り回されてしまう人は少なくありません。しかし、アピールが積極的だった場合、逆に、女子から思わぬ勘違いをされてしまうこともあるようです。

fumumu取材班が男性達に、女性に好意でやったことを勘違いされた経験について、詳しく聞きました。


①「可愛い」と褒めまくっていたら…

「『どの子にも同じこと言ってるんでしょ』と、軽くあしらわれてしまいました。本当に可愛いと思ったから、純粋に褒めただけなんですけど…」(30代・男性)


口が上手い男性は、女慣れしている印象がありますよね。


関連記事:キャバ嬢が教える! 男子の言葉が社交辞令か本気かを見極める3つのテク

②「デートしよう」とみんなの前で言ったばかりに…

「『どうせ社交辞令でしょ』と、受け流されてしまいました。ふたりきりになれるチャンスがなかなかなかったので、みんなの前でデートに誘うしかなかっただけなのに…」(20代・男性)


公衆の面前でデートに誘われても、本気としては受け止めにくいですよね。


③付き合う前にクリスマスプレゼントをあげたら…

「『こういうプレゼント、何人の子にあげてるの?』と、逆に怒らせてしまいました。本気だからこそ、プレゼントを渡して気持ちを伝えたかっただけなのに…」(20代・男性)


付き合う前にプレゼントを貰うと、逆に構えてしまいますよね。


④やっとの思いで手を握ったのに…

「『え…何?』と怪訝な顔で、手を振りほどかれてしまいました。勇気を振り絞って、やっとの思いで手を握ったのですが…」(30代・男性)


その場の雰囲気やタイミングが大切ですよね。心の準備ができてないと、対応に困ってしまうこともあると思います。


⑤「本気だよ」と言ったのに…

「『逆に嘘っぽい』と言われてガッカリ。「本気なら態度で示してくれなきゃわからない」と言われる一方で、言葉にすると疑われてしまう…一体、どうすればいいのかわかりません」(20代・男性)


本気にして傷つきたくない…と、受け流してしまう女子は少なくないでしょう。


価値観が違うふたりの想いが通じ合うのは、意外と難しいものです。しかし、考えすぎてチャンスを棒に振らないように気をつけたいものですね。

・合わせて読みたい→下心はないのに…男子に勘違いされて地味に傷ついた出来事

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!