菅田将暉が念願の教師役に! 永野芽郁との共演に期待の声

2019年1月から主演・菅田将暉さん、ヒロイン・永野芽郁さんの新ドラマがスタートすることが発表されました。

菅田将暉と永野芽郁
(画像はTwitterのスクリーンショット)

カメレオン俳優・菅田将暉さんと朝ドラ女優・永野芽郁さんが2019年1月からスタートする連ドラで、共演することが発表されました。

 

■来年1月・日曜のドラマのストーリーは?

2019年1月の日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』が放送されることが13日に発表されました。

3年A組の担任・柊一颯は、数ヶ月前に自ら命を絶った学校の人気者の死の真相を暴くため卒業式10日前に生徒29人を人質にとり、「最後の授業」を行うというストーリー。

櫻井翔さん主演のドラマ『家族ゲーム』などを手掛けている脚本家・武藤将吾氏の3年ぶりの連ドラ。オリジナル脚本ということもあり注目が集まっています。

 

■菅田将暉念願の教師役に挑戦!

高校時代、実際に教師を目指していた時期があった菅田さん。教師役を演じてみたいとずっと思っていて、今回それが叶ったことに喜びを感じているとコメントを発表しています。

教師よりも、高校生や若者役を演じているイメージが強い菅田さん。今回のドラマの撮影前は実際に高校に出向いて現地の教師の方に話を聞くなどして役作りをしていきたいとやる気充分です。

演じる役は「目立たない美術教師」という設定。キラキラに輝いている菅田さんがどのような教師へと変貌するのか楽しみですね。

 

■朝ドラ以降初ドラマ

そして、朝ドラ『半分、青い。』のヒロインを務めた永野芽郁さんが、人質になる高校生の一人を演じます。

高校生を演じることに関しては不安がないとコメント。朝ドラでの明るい主人公とは正反対の内向的な性格とのこと。

朝ドラ後、初のドラマ出演ということもあり注目が集まっています。永野さんの「素」の部分とは大きく違う役をどう演じるのでしょうか。

 

■視聴者からも期待の声が続々!

この発表を受けてファンからも喜びの声がツイートに多く見られます。

どのようなドラマになるのか楽しみですね!

・合わせて読みたい→永野芽郁のセーラー服姿に大きな反響「同級生になりたい!」

(文/fumumu編集部・

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!