嫉妬するくらいなら…「あざとい女子」に女子が学ぶべき3つの理由

「あざとい女子が嫌いな理由」を棚卸ししてみませんか。

見つめる女性
(KEN226/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性からモテたいあざとい女子。「男性の前では超ぶりっ子」とか「ボディータッチがやたらと多い」など、あざとい女子は同性から嫌われたり、嫉妬されたりしがちです。

しかし、嫌う女子の中には「羨ましい」とか「自分もそうなりたい」という女子の気持ちの表れの場合もあると、婚活の専門家は言います。

さらに専門家は、あざとい女子のテクニックをマネしてみることをオススメしています。詳しく聞いてみました。

 

①「誠実でいれば好意を持ってもらえる」とは限らない

「ネガティブなイメージで使われることが多い『あざとい女子』。しかし、男性目線では好感が持てるからこそ、モテるのではないでしょうか。

 

『誠実でいれば好意を持ってもらえる』というのは、そう思っている人の価値感です。全ての人にとって絶対的な定義ではありません。

 

『あざとい女子』は抜け目がなく、利口なのです。ポジティブなイメージの言葉に置き換え、自分に足りない部分はマネをしてみると勉強になりますよ」

 

②自分に関係ないなら全く気にならないはず

「『あの子、あざといよね』と、陰口を言う女子は少なくありません。しかし、陰口を言うということは、少なくとも言っている本人が、何かしらその子のことを気にしているからです。

 

自分の体型にコンプレックスを持っている女性が『肥満』とか『太っている』というキーワードが気になってしまう一方で、体型を気にしていない人はそれらの言葉に何の興味も持っていないので、いちいち反応しませんよね。

 

それと一緒で、気になるなら何で気になるかを棚卸しし、どうしたいのかを考えてみませんか」

 

③あざとい女子はあなたの目標

「同性だからこそ見える、媚びるような演技を疎ましく思う女性もいると思います。一方で、自分では出来ない言動を繰り広げる、あざとい女子を羨ましく感じて、毛嫌いしている人もいるのではないでしょうか。

 

あざとい女子が嫌いなら、一度はあざとい女子に自分もなりきってみては? あざとい女子たちが何を思って行動に移しているのか、その理由と効果を実感できるかもしれません」

 

「あざとい女子は、ただ、男性に好かれたいと思って努力しているだけです」と、婚活専門家。モテたいと願う女性は毛嫌いするばかりではなく、見習えるポイントを探してみると、案外参考になるかもしれませんよ。

・合わせて読みたい→「聞きたくない!」の声も…女子が陰口を平気でする3つのワケ

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!