村上信五、自身の大根演技に嘆き コンサートのVTR撮影で「俺だけ…」と悲鳴

村上さんのワザとらしい演技にスタジオからは笑い声も。

村上信五

23日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、関ジャニ∞の村上信五さんが、自身の演技について嘆く場面が放送されました。


■村上、自身の大根演技に嘆き

「最近、大根(演技)がやばなってきて…」と切り出した村上さんは、自身の演技力についてトークを展開。

先日、コンサートのVTRを撮っていたときのこと。冬のコンサートだったため、監督から「雪が降っていますので雪を見て、今年最初の雪を見た感じで『うわ! 雪だ』って言ってください」と指示されたのだそう。

他のメンバーは、大抵1テイクで終わっていたそうですが、村上さんは「俺だけ5〜6回やらされて」と撮影時のことを振り返りました。


関連記事:マツコ、村上信五の“歯並び”を分析 「ガタガタだけど奇跡的に…」

■ワザとらしい演技に笑い声

スタジオで「あ! 雪や〜!」と撮影時の再現をした村上さんでしたが、観覧席からはクスクスとした笑い声が。自然な感じというよりかは、ワザとらしさの残る声色に、タレントのマツコ・デラックスさんは「今ので言ったの?」と驚き。

村上さんは「そう」とうなづき、「いや、ほんまに普通にやで?」と言いつつ再び、「あ! 雪や〜!」とテンション高く実演します。

しかしマツコさんは「それ自然じゃないじゃん」と指摘し、「実際の村上さんが初雪を見たときにいう感じで言ってみなさいよ」とアドバイス。すると村上さんは先ほどよりも自然かつかなり低いテンションで「あー雪や」とひと言。


■マツコの名指導に村上感心

するとマツコさんはすかさず「それでいいのよ」と言い、観客席からも「あ〜」と納得した声が聞こえてきます。さらにマツコさんは「それを監督は求めてるのにアンタはクソみたいな誰にも求められてない小芝居をするから監督がゲロを吐いたのよ」とバッサリ。

強めの指摘でしたが、なぜか村上さんは「めっちゃ監督上手やな」と感心。「何がよ〜!」と、おののくマツコさんに村上さんは「それを言うてくれたら良かったんや」とこぼすと、マツコさんは「たぶんそういうことだったんだと思うのよ」とつぶやき、スタジオの笑いを誘いました。

・合わせて読みたい→マツコ、自身の記憶力退化にドン引き「医学的な意味で引退よ」

(文/fumumu編集部・丸井 ねこ

非常時に役立つ! 尾西食品 アルファ米12種類セット 【Amazonでチェック】

おすすめ記事