自立した恋愛を楽しみたい! 恋人に依存しないためのポイント

恋人に、おんぶにだっこ。依存関係から抜け出すには、どうすればいいのでしょうか?

恋人
(west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋人への執着が強い、依存体質。「相手に負担をかけたくないのに…」と、悩んでいる人も多いようです。

自立した恋愛を楽しむには、どんなことを意識すればいいのでしょうか? 恋人に依存しないためのポイントを、fumumu取材班が聞いてきました。


①休日の楽しみを作る

「私の場合は、休日に一人で楽しめる趣味を作るようにしています。昔は、とにかく会えるときは会いたい! と恋人に依存気味で。


自分の予定をなにもいれずに、相手からの連絡を待っていたんですよね。それが相手の負担になったのか、別れてしまった人もいました。


恋人と一緒にいなくても生活を楽しめていないと、つい相手に寄りかかってしまうから…。暇つぶし程度でもいいから、なにかしらの趣味を持っておくほうがいいと思います」(20代・女性)


関連記事:「幸せ」は自分で掴む! 恋愛依存から抜け出す3つのヒント

②仕事の目標を立てる

「仕事の目標をしっかりと決めてから、恋愛が人生の第一優先! という気持ちが抑えられている気がします。


その時期も楽しかったけど、相手の言動に振り回されて、苦しむこともたくさんあったんですよね。『この仕事を成功させたい』『将来的にこのスキルを養いたい』と決めたことで、恋愛以外に打ち込めるものができて…。


そのおかげで、恋人への執着心や過度な期待が、ほどほどに薄れていると思います」(30代・女性)


③自分自身を認める

「自分のことを、自分自身が認めることが大切だと思います。『自分なんて…』と自己否定ばかりだと、自分を認めてくれる人に依存してしまうんですよ。


『自分のことは嫌いだけど、恋人が認めてくれているうちは大丈夫!』って。それだと、相手がいなくなったら、自分の価値もなくなるってことだから。そりゃあ、相手を繋ぎ止めるのに必死になりますよね。


自分に嫌いな部分があってもいいと思うんです。『欠点があっても、自分はここにいて大丈夫!』と思えたら、恋人に評価されなくても堂々と過ごせるんじゃないでしょうか」(30代・女性)


恋人がいなくても、自分自身の価値に変わりはないはず。

自分に愛情をかけられたら、周囲への依存心も減らせるかもしれないですね。

・合わせて読みたい→周りが見えなくなる… 恋愛に依存しがちな人の3つの特徴

(文/fumumu編集部・nana

mitsuhada(ミツハダ)80g 洗顔フォーム 泡洗顔 泥洗顔 【Amazonでチェック!】

おすすめ記事