大学入試を途中でやめて帰った… その「まさかの理由」をマツコが絶賛

大橋未歩さんが、大学入試の途中で帰ってしまった理由とは…? このエピソードを聞いたマツコさんのコメントに多くの反響。

マツコ・デラックス

21日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、タレントのマツコ・デラックスさんが出演。

少しでも生きづらさを解消すべく、番組内で訴えた言葉が反響を呼んでいます。


■途中で帰ること、できる?

同日の放送では、視聴者投票のテーマ「途中で帰ったことはあるか」にちなんで、スタジオでトークを展開。

株式トレーダーの若林史江さんは、「私は途中で帰れない人なんですよ」「ちょっとした友人の集まりでも途中で『ごめん』て言って帰れない人」だと明かします。

続いて、「私も、つまらなかったらつまらなかったで、つまんなかったほうが後でネタにならない?」とマツコさん。「何年もネタにできるじゃん。だから『今日全然つまんねぇな』とか思っても、とりあえずつまんなければつまんないほど、最後まで見届けるのよ」と話します。


関連記事:ミッツ、療養中のマツコに代わり生放送出演 「ピンピンしてるみたいですよ」

■大橋未歩「大学入試の途中で帰った」

すると、フリーアナウンサーの大橋未歩さんが「飲み会とは別の話なんですけど…」とした上で、「私、大学入試の途中で帰ったことがあって」と明かし、これにはスタジオもどよめき。

大橋さんが「監視員の態度がめっちゃ悪かったんですよ」と話すと、若林さんは「そんなんで帰るの!?」となおも驚きを隠せず。

「すっごい横柄で、こんな大学行ってやるかと思って途中で帰ったんです」と話す大橋さんに、マツコさんは「厄介な女ね」とツッコミを入れつつ、「いいって、それぐらいのほうが」と切り出します。


■マツコ「皆もっと好きに生きたら良いと思う」

この他の大学も受験していたとはいえ、親には物凄く怒られたという大橋さんのエピソードに、マツコさんは「なんだろうね、皆もっと好きに生きたら良いと思うの、最近。思いません? なんか」と問いかけます。

大橋さんが「(この番組が)象徴的な存在ですもんね?」と話すと、マツコさんは「これはね、なていうんだろう。自由とはまた違う…そんなに拘束されている感はないんだけど、軟禁されている感はあるの」「ちょっとトイレぐらいは自由に行けるのよ。でも、自由ではないわね、この空間…っていう」と話し、スタジオの笑いを誘いました。


■今までの“マナー”も見直すべき?

大橋さんのエピソードには、視聴者からも「大橋さん、大学入試の途中で帰るって…」と驚く声が。

その一方で、「『もうみんな好きに生きよう!』byマツコさん。あたしも同じく思う!」とマツコさんに共感する声や、「マツコさんの仰る通りみんな自由でいいと思う。今まであった『マナー』も見直したほうが良いものが多いと思います」といった意見も。

なかには「マツコは本当に頭の良い人」といった声も見受けられました。

・合わせて読みたい→学校の行事で主役やってた子は大人になると… 「マツコの指摘」に共感の声

(文/fumumu編集部・衣笠 あい

幸福幻想 うさぎとマツコの人生相談【Amazonでチェック】

おすすめ記事