幸せを遠ざける? 恋愛で陥りがちな危険な思考回路3つ

安定した恋愛を楽しめないのはどうして? やりがちなNG思考をご紹介します。

恋愛 失敗
(Makidotvn/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いつも安定した恋愛を楽しんでいる人もいれば、なぜか毎回悲しい結果になってしまう人もいます。相手との相性の問題もありますが、自分の言動によって幸せを遠ざけている可能性も、ゼロではないかもしれません。

恋愛で陥りがちな危険な思考回路を、fumumu取材班が聞いてきました。


①「この扱いで仕方ない」

「友達の彼氏が浮気するし暴言は多いしで、話を聞いているだけでもどうして別れないのか不思議だったんです。


こちらがいくら『離れたほうがいい』『その扱いはおかしい』と言っても、本人が『自分はこの扱いで仕方ない』と諦めた雰囲気で。その子を見ていると、自分で自分のことを大切にできていないと、相手に雑に扱われても拒否できないのかな…って。


『私を大切にしてくれないなら一緒にいられない!』くらい強気の子のほうが、私の周りではいい相手と巡り合っている気がします」(20代・女性)


関連記事:「恋愛」に振り回されない! 自分軸で恋愛を楽しむ3つのヒント

②「言っても無駄だし」

「相手に不満があるのに『言っても無駄だし』『大人になってから性格は変わらないから』と対話を諦めていたときは、自分自身が幸せではなかったように思います。


我慢ばかりしていても、相手に気持ちは伝わらないんですよね。嫌なことをちゃんと伝えるようにしてから、変な相手が寄ってくる確率がグッと減りました!


自分に都合のいい存在を求めている人にとっては、意見を持っている相手は扱いにくいんでしょうね。意思の疎通ができるパートナーが欲しいなら、意見を飲み込まずに伝えることが必要不可欠なんだと思います」(20代・女性)


③「この人も同じかも」

「過去に浮気された経験があったり、相手に裏切られた記憶があると、どうしても『次の人も同じだろう』『どうせいつかは離れていくだろう』と疑ってしまうけど…。私の場合はそう決めつけていたから、しばらく恋愛を拗らせていた気がします。


最初から相手を疑いの目で見ると、なんでもない言動が怪しく見えたりするんですよね。そのせいでピリピリした空気になってしまったり、些細なことで喧嘩に発展してしまったことも。


相手を信用するのは勇気がいるけど、必要以上に疑わずに『なにかあったらもう仕方ない!』と腹を括ってからのほうが、気楽に恋愛を楽しめています」(20代・女性)


自分の幸福を諦めることで、その通りの結果を引き寄せてしまう場合もあるのかもしれません。

自分をないがしろにしてくる相手には、勇気を出してNOの姿勢を示したいものですね。

・合わせて読みたい→「幸せ」は自分で掴む! 恋愛依存から抜け出す3つのヒント

(文/fumumu編集部・nana

mitsuhada(ミツハダ)80g 洗顔フォーム 泡洗顔 泥洗顔 【Amazonでチェック!】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事