「いい人」と「いい人ぶっている人」の違いって? 見分ける5つのポイント

あなたはどのようにして、「いい人」かどうかを見極めていますか?

考える女性
(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いい人だと思って信用したけれど、そうではなかった…という経験は、誰もがしたことがあるのではないでしょうか。

こうなる前に、「いい人」と「いい人ぶっている人」を見分けることができたらいいですよね。

そこで、fumumu取材班が、その見分け方について詳しい話を聞きました。


①思いやり編

「いい人は、相手を思いやることが目的なので、人知れずサポートしていることが多い印象です。


一方で、いい人ぶっている人は、『思いやりのある自分』のアピールがすごい! できるだけ人目に触れる場所で目立った行動をとっていることが多いので、『思いやりのある人だな~』という人ほど『いい人ぶっている人』の可能性大です」(20代・女性)


関連記事:落ち込んでいる人にどう声をかける? 押しつけない思いやりの言葉

②感情編

「いい人は、『良くないことは良くない』と正直に答えてくれる気がします。なぜなら、自分がどう思われるかよりも、相手のことを大切に思っているから。


でも、いい人ぶっている人は、相手に嫌われないように『共感しかしない』印象です。相手がどうなろうと、自分が『いい人だと思われる』ことの方が大切なので」(20代・女性)

続きを読む

【旬の産地から】 最高級 特大 ピオーネ 約1.6kg〜1.5kg【Amazonでチェック】

おすすめ記事