のんは男性的なパーツが多い顔 女性がさかなクンを演じる理由:顔相鑑定(172)

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、女優の、のんさんを鑑定。

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は自ら脚本・監督・主演を果たした映画『Ribbon』が公開になるなど、幅広い表現活動を続けるのんさん。

9月1日から公開中の、さかなクンの半生を映画化した『さかなのこ』では、主演を努めミー坊(さかなクン)役を演じています。

子供の頃からお魚が大好きだったさかなクンが、たくさんの出会いの中でやがて“さかなクン”になるまでを、フィクションも織り交ぜつつ沖田修一監督が大胆にアレンジ。

のんさんの脇を固めるのは、柳楽優弥さん、夏帆さん、磯村勇斗さん、岡山天音さん、三宅弘城さん、井川遥さん…と、豪華キャストが集結しています。


■性別を超えた魅力のある顔

のん

さかなクン役に女性ののんさんを起用した理由に「中性的な魅力もある、のんさんならこの役にも違和感なく、不思議とすんなり入っていける気がした」と、監督の沖田さんが語っています。

かわいらしい顔のイメージをずっと抱いていましたが、改めてじっくり見てみると、男性的な要素も多く、性別を超えたジェンダーレスな雰囲気もあるお顔をしていることがわかりました。

今回は、男性的、女性的、そして中性的でもない、のんさん顔の魅力を分析します。


関連記事:顔相鑑定(145):山下智久は「魔力のある顔」 なぜ、中毒性があるのかを解説

■男性的な顔パーツが3つもある

さかなクン本人も、かわいい顔の男の子がそのまま大人になったような顔をしていますが、のんさんの顔も男性的な要素が3つもありました。

1つ目は濃くて太めな眉です。濃い眉は意志が強く実行力があることを表し、太い眉はねばり強く根気があることを表します。

そして、まっすぐに伸びたストレート眉をしているのは、肝が据わっていて、物怖じせずに何事にも積極的に取り組むこと表します。周囲が驚く大胆な行動に走りがちなタイプです。

続きを読む ■ニンニク鼻と猪木アゴ

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事