ナダル、会社員時代に取引先を出禁になった過去 まさかの失敗談に驚き…

漬物の会社で営業の仕事をしていたナダルさん。取引先との商談で、まさかの事態に…。

ナダル

22日放送の『キョコロヒー』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルさんが出演。

会社員時代にしたある失敗が原因で、取引先を出禁になった過去を明かしました。


■手土産の漬物が腐ってしまった

芸人になる以前、神戸の会社で奈良漬けを売る仕事を3年ほどしていたというナダルさん。取引先との大事な商談の直前に、渡す予定だった漬物が腐っていたことに気付きます。

しかし、困ったナダルさんは、「ここで腐ってるって…すいませんでしたって言ったら、どうなるんやろうって…」と考えがよぎったといい、そのまま腐った漬物を渡したそう。

「『今ちょっと夏ですし、腐ってる状態なんですけど…普段はもっといい匂いで』」「『味も腐ってますんで』って言って…」とそのまま渡そうとしますが、取引先に「『クサッ!』って…」と言われてしまい、案の定ごまかしきれなかったようです。


関連記事:ナダル「なんやこいつ」 中傷ツイートを引用し反撃 ファンからはフォローも

■取引先を出禁に

その結果、取引先を「出禁ということに…」なり、上司と一緒に謝りに行ったことを明かしました。

ナダルさんは、当時について「堂々としてたら、(相手が)『クサいけど俺間違えてんのかな?』ってなるかなって…」と話し、「そこ触れんかったら、商談としては合ってんのかな、みたいな感じに…ならなかったですね」とひと言。

最後には「すいませんでした」と反省の言葉を口にしていました。

続きを読む ■営業車で運搬中に衝突事故も

六花亭 マルセイバターサンド 10個 【Amazonでチェック!】

おすすめ記事