かわいすぎる! 男子が惚れた「浴衣を着た女子」の自然な行動

浴衣がきっかけで恋に落ちるケースもあるようです。

浴衣の女性
(Tetsuya Irisawa/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

浴衣は着るのも大変、歩くのも大変、暑さも大変…と、女子にとってはつい敬遠したくなりますが、がんばって着たぶん男性を喜ばせられることもあるようです。

fumumu編集部は、男性たちに浴衣を着た女子にされて惚れそうになった行動を調査してみました。

 

①一生懸命歩いている姿

「花火デートのときに、僕のために浴衣を着てきてくれた彼女。しかし慣れないこともあって、かなり歩きづらそうでした。

 

それでも文句を言わずに、笑顔でちょこまか歩いている姿を見て『けなげだな〜』と抱きしめたい気持ちになりましたね…」(20代・男性)

 

②色気を感じる

「友人たちとお祭りに行くときに、女子たちが浴衣を着てきました。普段から仲良しで、色気なんてまったく感じたことなかったんですが、浴衣だと色っぽく見えましたね…。

 

いつもは髪を巻いたり下ろしたりしている子たちがアップにしていると、印象もガラリと変わる。今まで恋愛感情はなかったけれど、ちょっとドキドキしましたね」(20代・男性)

 

③密着度が増える

「花火大会で浴衣を着てきた子がいました。僕は初対面の子だったんですが、すごい人混みだったのと浴衣で歩きにくかったのか、あまりにも人が多い場所になったときに『ちょっと転びそうなので腕借りてもいいですか?』と、ひとこと。

 

初対面の子と腕を組むことなんてこれまでなかったし、体がくっつくことで特別感もわくし、人混みから守ってあげないと…と謎の使命感も出る。目的地に着く頃には僕は完全に惚れていましたね」(20代・男性)

 

■浴衣に興奮する男性は6割!

編集部が全国の20~60代男性680名を対象に、女性が花火やお祭りのデートで浴衣を着てきてくれたら嬉しいと思うか調査を実施したところ、「YES」は56.0%。浴衣

浴衣を着ていつもとは違った姿を見せることで、愛が育まれることもあるようです。彼氏や意中の人がいる人は、これからの夏祭りや花火デートは浴衣を着て会いに行ってみてはどうでしょうか。

・合わせて読みたい→着るんじゃなかった…浴衣で出かけた女子の苦い思い出3選

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男性680名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!